メディア
ニュース
» 2022年04月06日 07時00分 公開

花王、カプコン、中部電力、第一三共 有名企業の“データドリブン基盤”構築への道

有名大手企業はシステムが大規模で複雑になり、データ活用には相応のコストと時間が必要になる。花王、カプコン、中部電力、第一三共の“データドリブン基盤”構築の裏話から、実現のヒントを探る。

[キーマンズネット]

 システムやサービスが大規模化すると、扱うデータも相応の量となる。そこから必要なデータを即時に取り出し、データドリブンのビジネスやサービスの提供を実現するには規模と目的に見合ったデータマネジメント基盤が必要だ。レガシーなデータ分析基盤の刷新や最新技術の導入、データ分析人員の不足、データガバナンスの整備など、悩みは多岐にわたる。

 本ブックレット(PDF、29ページ)では、有名大手企業、花王、カプコン、中部電力、第一三共の、“データドリブン基盤”構築の裏話を紹介する。

ブックレットサマリー

  • 花王のデータサイエンス室がつくる「10年使えるデータ活用基盤」とは
  • 「モンハンやろうぜ!」 ユーザーを呼び戻す、カプコンのデータ活用術
  • 中部電力の「Tableau」活用事例 4選
  • 第一三共の“全社横断データ分析基盤”構築の道のり

ブックレットのダウンロードはこちらから

 本ブックレットは、キーマンズネットで掲載した解説記事を基に制作しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。