メディア
ニュース
» 2022年06月15日 07時00分 公開

Teamsは何がどう変わった? Microsoft 365アプリの新機能と今後のロードマップ

2022年5月に行われた「Microsoft 365」のアップデートの中から、特に大きな追加機能を中心に紹介するとともに、2022年6月に実装予定の新機能と終了予定のツール情報も併せてお伝えする。

[二瓶 朗,グラムワークス]

 ユーザーとして利用する中で「Microsoft 365のアップデートスパンは早くて内容をキャッチアップできない」という方は多いだろう。こうした課題の解消を目的としたオンラインセミナーが開催された。講師はMicrosoft MVPの一人である内田洋行の太田浩史氏だ。

 「Microsoft Teams」「Microsoft SharePoint Online」「Microsoft OneDrive for Business」の新機能に加え、次のアップデート以降で盛り込まれる機能もまとめて確認しておこう。

本稿は、2022年5月25日に開催されたオンラインセミナー「聞きたい!知りたい!おさえたい!今月のMicrosoft 365アップデート」(主催:内田洋行)での講演内容を基に編集部で再構成した。

5月に実装済みのTeams、SharePointの新機能を整理

 まずは、「Microsoft Teams」「SharePoint Online」「OneDrive for Business」について、2022年5月のアップデートと機能追加を見ていこう。

Microsoft 365:複数アカウントの切り替えが可能に

 WebブラウザでMicrosoft 365のアプリケーションを利用する際に、組織アカウントや個人アカウントなど複数のアカウントを切り替えながら利用できるようになった。ユーザーアイコンをクリックしてアカウント情報を表示し、アカウントを追加することで、複数のアカウントを切り替えながらアプリケーションを利用できる。これまでは、アカウントを切り替えるには一度サインアウトをする手間が掛かったが、今回の改良によってその手間がなくなった。

 なお本稿公開時点でアカウントの切り替えに対応するのは「Microsoft 365 Home」「Microsoft Outlook」「Microsoft Word」「Microsoft Excel」「Microsoft PowerPoint」「Microsoft 365管理センター」に限定される。今後、対応するアプリケーションやサービスは順次拡大予定とのことだ。

複数アカウントの切り替え方式(出典:セミナー投映資料)

Teamsの新機能(1):チャットの返信テキストの提案

 Teamsでチャットをしている時に、返信の文言が提案されるようになった。会話の流れに応じた返信文言の候補が幾つか表示され、その1つをクリックすることで簡単に返信ができるようになった。この機能はデフォルトで「有効」になっている。無効にするには管理者が「メッセージングポリシー」を変更する必要がある。

チャットの返信候補が提案され、クリックするだけで返信できる(出典:セミナー投映資料)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。