メディア
ニュース
» 2022年06月29日 14時35分 公開

コロナ特需後のIT投資動向に変化 DX「最後の投資先」とは

基幹システムのクラウドシフトが加速する中、深刻な「内製化力」の不足に注目が集まる。

[キーマンズネット]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のまん延によって一部のデジタル分野は「特需」ともいえる市場成長を果たした。テレワークやSaaSの導入など、各種デジタルツールへの支出が一段落した中で、中堅中小企業を中心にIT投資の「落ち着き」が見える。テレワークに代表される「コロナ対策のIT」を減少させる一方で、これまで先送りされてきた分野への投資に注目が集まる。

クラウドシフトが進む中で残された「内製の課題」とは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。