メディア
特集
» 2022年07月27日 07時00分 公開

ゼロから分かる「Autopilot」の使い方 設定フローとライセンスを解説PC管理をクラウドシフト

Windows 10、Windows 11PCのユーザー企業なら、Windows Autopilotでキッティングのコストを大幅に削減できる。Autopilotの基本から導入や運用のコツ、利用可能なライセンスまで、その全容を解説する。

[土肥正弘,キーマンズネット]

 PCに各種ソフトウェアをインストールし、利用部門がすぐに使える状態にする「キッティング」は、IT部門にとって重荷となる作業の一つだ。

 しかし、「Windows 10」「Windows 11」PCのユーザー企業なら、PCの初期セットアップをクラウド経由で実行できる「Windows Autopilot」(以下、Autopilot)によって、人的リソースと時間コストを大幅に削減できるだろう。本稿ではAutopilotの基本から導入や運用のコツ、利用可能なライセンスまで、その全容を解説する。

従来のキッティング手順やその問題点

 企業がPCを調達する場合、PCベンダーやリセラーからOSがプリインストールを一括購入する場合が多い。しかし、組織が標準で使用するアプリケーションやドライバ、セキュリティ機能といった細かい設定まではされていないことがある。

キッティング手順例

 手作業でキッティングする場合、手元にPCを用意し、基本的に次のような作業を実施する。順番は組織のシステムによって異なることがある。

(1)ログインユーザーを作成

(2)ホスト名やIPアドレスなどの設定

(3)業務アプリケーションや標準的に利用するドライバーなどをインストール

(4)必要なソフトウェアのライセンス認証(アクティベーション)

(5)セキュリティ設定/電源(省エネルギー)設定/ブラウザ設定など

(6)最新のOS機能更新プログラムや品質更新プログラムの適用

(7)「Active Directory」を利用している場合はドメインへの登録

(8)PCに管理用ラベルを貼り付けるなどして管理台帳に記入。場合によってはIT資産管理ツールなどに登録

 多数のPCを短時間でキッティングする場合は、クローニングツールを利用して標準PCの構成イメージをエンドユーザーに配布したり、ネットワークを通じてイメージを適用したりするのが一般的だ。

 クローニングツールを利用する際、イメージ配布後に生じる構成変更や機能更新プログラム適用のたびに、新しいイメージを作成する必要がある。テレワーク全盛の今、新規調達およびリプレースPCを社内に設置して、常に管理者が出社してクローニング作業し、テレワーカーが受け取るために出社するのは不合理だ。

 解決策としてアウトソーシングサービスを利用する手がある。PCベンダーなどがPC構成や設定を肩代わりしてくれるのは便利だが、構成変更や更新対応の負荷は変わらず高く、何よりコストがかかる。

PC管理をクラウドシフトするAutopilotの基本

 PCのセットアップを手間をかけずに自動で実行する仕組みがMicrosoftのAutopilotだ。テレワーカーであれば従業員の自宅にPCを送りAutopilotを実行するだけで、エンドユーザーのセルフサービスでポリシーに準拠したPCのセットアップが可能になる。管理者もエンドユーザーも負担が少なく、コストも抑えられる可能性がある。

 ユーザー操作は非常にシンプルで、設定した社内ポリシーの違反や作業中のサポート依頼、問い合わせを減らすことができ、PC管理の手間も削減可能だ。

ユーザー視点:画面で分かる“簡単すぎる”セットアップ

 Windows 10のセットアップ手順を、ユーザー目線と管理者目線に分け、画面キャプチャーを用いて解説する。

 セットアップの際は組織で使用しているAzure Active Directory(以下、Azure AD)のアカウント情報が求められるので注意が必要だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。