メディア
ニュース
» 2022年07月28日 07時00分 公開

TeamsがあればYammerはいらない? Microsoft 365の情報共有ツール使い分けのコツ教えて「Microsoft 365」先生!

「Microsoft 365」のツールや運用にまつわる悩みは各社それぞれで、IT部門の担当者や現場がWebサイトなどを調べながら手探りで解決策を模索していることだろう。本連載では、「Microsoft 365先生」がユーザー企業が抱きがちな疑問、質問に答える。

[太田浩史,内田洋行]

 「Microsoft 365」のツールマニュアルはあっても個社ごとの「活用マニュアル」はなく、導入後の運用は組織に託される。管理担当者や現場は、手探りで自社に合った使い方やツールの効果的な活用法を模索していることだろう。

 本連載では、Microsoft 365を活用する中で生まれる疑問に対して、“Microsoft 365先生”ことMicrosoft MVPの太田浩史氏が一問一答形式で答える。扱うテーマは、太田氏が毎月開催するMicrosoft 365セミナーの参加者などから多く寄せられる疑問やお悩みごとだ。第1回のテーマは「『Microsoft Teams』と『Yammer』の使い分け問題」だ。

著者プロフィール:太田浩史(内田洋行 ネットワークビジネス推進事業部)

2010年に内田洋行でMicrosoft 365(当時はBPOS)の導入に携わり、以後は自社、他社問わず、Microsoft 365の導入から活用を支援し、Microsoft 365の魅力に憑りつかれる。自称Microsoft 365ギーク。多くの経験で得られたナレッジを各種イベントでの登壇や書籍、ブログ、SNSなどを通じて広く共有し、2013年にはMicrosoftから「Microsoft MVP Award」を受賞。

「Microsoft 365」には「Microsoft Teams」(以下、Teams)に加えて「Yammer」という2つのコミュニケーションツールがあります。どちらもグループでチャットライクにコミュニケーションが取れ、それぞれの機能は大差がないように思えます。TeamsがあればYammerは不要ではないでしょうか?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。