メディア
ニュース
» 2022年08月01日 07時00分 公開

ハックバックとは? 用語の意味や注目の背景、問題点を解説

ハックバックとは、不正アクセスなどのサイバー攻撃に対して、その取り締まりや被害回復を目的に被害者から加害者へ同様の攻撃をすることを指す。日本は不正アクセス禁止法でハックバックを規制しているが、米国では認める法案が提出され議論を呼んだ。

[キーマンズネット]
  • ハックバックが注目される背景
  • ハックバックの具体例と問題点
  • 関連用語

 ハックバック(攻撃的サイバー)とは、不正アクセスなどのサイバー攻撃に対して、その取り締まりや被害回復を目的に被害者から加害者へ同様の攻撃をすることだ。「逆ハッキング」や「積極的サイバー防衛」とも言われる。

ハックバックが注目される背景

 サイバー攻撃が複雑化することで被害が拡大し、各国の対策は手いっぱいの状態だ。民間企業は自衛手段の高度化に迫られ、一部では違法性を踏まえた上でサイバー防衛の手法やツールを採用している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。