メディア
特集
» 2022年08月02日 09時00分 公開

マスク氏を批判した従業員の末路――スペースXの“ブルシット”対応から学ぶこと

イーロンマスク氏が率いる宇宙開発ベンチャースペースXで、マスク氏を批判して、説明責任を果たす文化を求める公開書簡を提出した従業員が一部解雇された。この事件を受けて、スペースX内部で横行しているハラスメントや、同社の不誠実な対応を元従業員が告発した。同社の対応から学ぶべきこととは。

[Carla Bell,HR Dive]
HR Dive

 SpaceXのミッションページにある宇宙空間の画像には、「未来を信じ、未来は過去より良くなると思うことだ」と表示されている。創業者でありCEO兼チーフエンジニアであるイーロン・マスク氏のこの言葉は、説得力があり、思想的で、向上心が感じられるかもしれない。だが、同社の元従業員が語る職場体験とは全く対照的だ。

 ある専門家がHR Diveに語ったところによると、SpaceXの今日の評判は、他の企業と同様に、昨日の行動の反映であり、良くも悪くも会社のリーダーの言動や性格は企業イメージそのものと切り離せない。このことを理解していないと、インターネットのワールドワイドな舞台で教訓的な出来事を招き、企業文化に永続的なダメージを残すことになりかねない。

「ハラスメントの末、SpaceXを退職せざるを得なかった」

 アシュリー・コサック氏は、2017年にSpaceXでインターンとして働き始めた。ミッション・インテグレーション・エンジニアだった彼女は、セクハラ、性差別、人種差別のレポートを提出した後、最終的に離職した。

 2021年のエッセーで、コサック氏は「性差別がまん延する」会社での圧力や強要、合意のない性的な身体接触、仕事の不安感、無力感について述べている。会社の倫理やコンプライアンスに関する通報窓口にメッセージを残した後、コサック氏は「通報窓口の匿名性が宣伝されているにもかかわらず」人事部から連絡を受け、会社での「ハラスメントの性質に関する侵襲的な質問」を提示されたと述べている。

 SpaceXは「崩壊と機能不全に陥っており、最終的に唯一の解決策は退職することだった」とコサック氏は記している。2021年にコサック氏が会社を辞めたとき、その理由を「人事部からの執拗(しつよう)な電話の中で、話をするように求められた。おそらく、金銭と引き換えに秘密保持契約に署名させるために」と話した。

© Industry Dive. All rights reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。