メディア
特集
» 2022年10月13日 09時30分 公開

Taco Bellの事例が雇用法の分野で「仲裁裁判」に終止符を打つかもしれない

Taco Bellブランドの店舗を複数運営する企業は、元従業員が起こした集団的賃金・労働時間訴訟を和解することに暫定合意した。このニュースは、雇用法の分野で物議を醸す「仲裁裁判」に一石を投じるかもしれない。

[Ryan GoldenHR Dive]
HR Dive

 このニュースは、米国の最高裁における「仲裁裁判」の一つに終止符を打つかもしれない。(注1)

「仲裁裁判」に終止符を打つ判例の内容は

 米国の大手ファストフードチェーンTaco Bellのアイオワ州フランチャイジー(加盟店)は、米国最高裁判所がこの問題に関する手続き上の決定を下した後、元従業員が起こした集団的賃金・労働時間訴訟の和解に暫定合意した(Morgan v. Sundance, Inc. No.19-2435 (8th Cir. Aug. 15, 2022)。

 この訴訟は、元従業員が一連の賃金・労働時間の請求を起こした際に、Taco Bellブランドの店舗を複数運営するフランチャイズ企業Sundanceが、元従業員との仲裁合意の発動に矛盾した行動をとり、元従業員に不利益を与えたと主張した連邦地裁事件が端緒だ。2021年、アイオワ州などをカバーする第8連邦巡回控訴裁は、他の巡回控訴裁が踏襲している枠組みを用いて、従業員はこれを証明できなかったと判示した(注2)。

 Sundance事件で元従業員は、雇用主が元従業員の請求を仲裁する権利を主張する前に約8カ月間裁判を進めたため、その権利と矛盾した行動を取ったと主張した。連邦地裁は、この遅延行為は仲裁の権利を放棄するのに十分であるとし、Sundanceの仲裁強制の申し立てを却下したが、第8巡回控訴裁はこれを覆した(注3)。

 連邦仲裁法は、第8巡回区がSundanceで用いたような仲裁特有の手続き規則を連邦裁判所が作成することを認めていないとし、全会一致の最高裁判所が上告審でこの判決を覆した。和解契約の詳細は明らかにされていない。

 最高裁は、第8巡回控訴裁の判決を破棄し、Sundanceにさらなる審理を求めるよう差し戻した。HR Diveの取材に応じた弁護士によると、最高裁は、仲裁紛争の当事者が仲裁を強制する権利を延期することを正当化するために、実証可能な不利益がないことに頼ってはならないことを明らかにした。

 米国最高裁は、ここ数カ月でさらに2件の仲裁裁判に踏み切った。その一件は、航空会社Southwest Airlinesのランプ運用の監督者がFAA(連邦航空局)の規定から免除される労働者階級に属するかどうかに関連するものだ。もう一件は、カリフォルニア州の私的弁護士法(Private Attorneys General Act)に基づいて起こされた仲裁申し立てに関するものである。

 強制的な仲裁は、昨今、雇用法領域で論争の的になっている。訴訟の当事者双方にとってメリットがある一方で、規制当局や擁護派は潜在的な欠点も指摘している。2月、米国議会は、性的暴行やセクシャルハラスメントを主張する者が訴訟を起こすことを妨げる仲裁合意を無効とする超党派の法案を可決した。

© Industry Dive. All rights reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。