メディア

2023年は「オンプレ回帰」の年になるか サーバ運用に関する調査結果

2023年は「クラウドファースト」の転換点になるかもしれない。ノークリサーチは2022年の調査結果を元に、重要なのは「発展的レパトリエーション」だと提言した。

» 2023年01月17日 07時00分 公開
[村田知己ITmedia]

 ノークリサーチは2022年の調査結果を元に、2023年の中堅・中小企業向けのIT活用提案において最も重要なポイントは「発展的レパトリエーション(回帰)」だと提言した。

発展的レパトリエーションとは

 発展的レパトリエーションとはクラウド/内製に偏った状態から回帰し、適材適所でクラウドとオンプレミスを使い分けることだ。

図1 発展的レパトリエーションの図解(出典:ノークリサーチ提供資料)

 ノークリサーチによれば、特に中堅・中小企業にとって、この発展的レパトリエーションが重要になるという。

 IT活用の規模や人材が限られる中堅・中小企業では、クラウドファースト/内製化への急激な転換は負担になると、ノークリサーチは述べる。図2に示す同社の調査結果でも、サーバの管理・運用に関する課題として「クラウド移行を進めたいが方法が分からない」という声が多く集まった。同社はこの状況を「『クラウドの利点を享受する』と『クラウドに移行する』が混同された結果生じた課題だ」と指摘する。

図2 サーバの管理/運用における課題(出典:ノークリサーチ提供資料)

 図3の通り、サーバ導入・運用時の方針については「オンプレミスとクラウドは今後も双方を併用する」や「自動化の進展に伴ってデータ容量を拡張できるサーバが必要となるが、必ずしもクラウドであるとは限らない」「海外データセンターの利用を敬遠するわけではなく、むしろバックアップやセキュリティ対策の手段としてクラウドを活用する」といった傾向が見られるとノークリサーチは述べる。

図3 サーバ導入/更新や管理/運用の方針(出典:ノークリサーチ提供資料)

 これらの調査結果を踏まえ、ノークリサーチは「既にオンプレミスのシステム構築が進んでいる場合はHCI、サーバレスのサービス展開も考慮する場合はIaaS」のように、ベンダーやSIerはユーザー企業のニーズに応じた提案を行い、適材適所のクラウド活用を推進すべきだと指摘した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。

編集部からのお知らせ