メディア
特集
» 2015年07月07日 10時00分 公開

オンラインストレージの利用状況(2015年)IT担当者300人に聞きました(2/5 ページ)

[キーマンズネット]

利用用途は「データ共有」「ファイル転送」「一時的なデータ保管」のニーズが高い

 次に、オンラインストレージを利用中と回答した人に「利用用途」について尋ねたところ、1位が「共有ディスクとして利用(社内)」で50.0%、2位が「ファイルの転送に利用」で44.7%、3位が「一時的なデータ保管のために利用」で38.3%、4位は「データのバックアップとして利用」で33.0%、5位が「共有ディスクとして利用(社外)」で24.5%だった(図2)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。