メディア
特集
» 2015年08月11日 10時00分 公開

無線LANの導入状況(2015年)IT担当者300人に聞きました(4/5 ページ)

[キーマンズネット]

これから導入する規格は「11ac」、しかし前世代の「11g」「11n」も拮抗(きっこう)

 無線LANを「導入済み」もしくは「導入予定」と回答した企業に対して、「アクセスポイント数」「無線LANの規格」「接続可能な端末」を尋ねた。

 まず、アクセスポイント数について。既に導入している企業では「2〜5台」が22.8%と最も多く、以下「31台以上(20.2%)」「1台(13.9%)」となった。また、これから導入する予定の企業でも「2〜5台」が19.8%と最も多く、以下「31台以上(17.4%)」「6〜10台(10.5%)」という結果になった。

 次に、無線LANの規格について見てみよう(図4)。導入済み企業では「IEEE 802.11g」が62.0%で最も多く、「IEEE 802.11n(48.6%)」「IEEE 802.11b(42.4%)」「IEEE 802.11a(37.6%)」と続いた。ギガビットWi-Fiとも呼ばれ、2013年から国内でも利用可能となった最新世代の「IEEE 802.11ac」も16.1%と割合は小さいものの導入が進んでいることが分かった。

 一方で、これから導入しようとする企業では「IEEE 802.11ac」が55.3%と最も高い数字となった。だが、前世代の規格である「IEEE 802.11g(52.6%)」「IEEE 802.11n(50.0%)」も(きっこう)している。

利用中/利用したい無線LANの規格(導入済み・導入予定) 図4 利用中/利用したい無線LANの規格(導入済み・導入予定)

 さて、無線LANにどのような端末を接続しているのだろうか。導入済み企業では「ノートPC(94.0%)」が圧倒的に多く、「スマートフォン(43.7%)」「メディアタブレット(41.0%)」「デスクトップPC(23.5%)」「プリンタ(14.6%)」と続いた。導入予定企業でも「ノートPC」が85.7%と高い割合を見せ、「メディアタブレット(54.8%)」「スマートフォン(35.7%)」などのスマートデバイスの活用を期待しているところが多いようだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。