メディア
調査リポート
» 2015年11月10日 10時00分 公開

「PC」シェア(2015年第2四半期)シェア情報アーカイブ

2015年第2四半期は、ビジネス市場が前年同期比42%減の132万台となった同市場。シェア情報を紹介する。

[キーマンズネット]

 IDC Japanの調べによれば、2015年第2四半期(4〜6月)の国内クライアントPCの出荷台数は、ビジネス市場が前年同期比42.1%減の132万台、家庭市場は同比27.9%減の121万台で、合計は同比36.0%減の253万台となった。

 前期(2015年1月〜3月)に引き続き、出荷台数が落ち込み、1999年以来の低水準となった。主な要因として、円安により値ごろ感が出せなかったこと、2014年のWindows XPのサポート終了による特需の反動の2つが挙げられている。

 ベンダー別の市場占有率(出荷台数ベース)を見ると、1位のベンダーは24.7%で、流通在庫に課題がありビジネス市場で前年同期比46.4%減、全体では39.2%減となった。2位は14.4%で、ビジネス市場で同比53.2%減、全体では47.7%減となった。3位は11.5%で、ビジネス市場で同比44.9%減、全体では40.3%減となった。同率3位のベンダーは、ビジネス市場で同比29.3%減、全体では37.4%減とマイナスの幅を抑え、前期より1ポイントシェアを伸ばした。5位は10.5%で、中堅中小企業の不調が響き、ビジネス市場で同比51.6%減、全体では47.5%減となった。

 当該四半期は厳しい結果となったが、ビジネスで利用しているPCの稼働台数が減ったわけではないため、再び買い替え需要が到来し、ビジネス市場はこの先回復基調に向かうと考えられている。また、家庭市場ではWindows 10による需要喚起も少なからず期待できると分析されている。

「PC」シェア(2015年第2四半期) (出典:IDC Japan)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。