メディア
特集
» 2017年05月15日 10時00分 公開

動き出した「AIロボット」。実現する非定型業務の自動化

[RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

ホワイトカラー労働者が担ってきた業務を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の技術は、自動化の程度に応じて3段階(Class1, Class2, Class3)に区分されている。最終形の「Class3」として構想されているのは、意思決定や業務手順の再構築といった相当高度な知的活動の自動化だが、現状でRPA導入の大多数を占めるのは、人間が行ってきた定型業務をほぼそのまま自動実行する「Class1」。そこから1段階進み、例外対応や非定型業務をカバーできるRPAとして最近実用されだしたのが「Class2」で、発展著しいAIを応用していることから企業の注目度も高い領域だ。国内におけるClass2のRPAをリードするAI開発企業、ネットスマイル(株)(東京都文京区)を訪ね、技術の現況と展望を取材した。

2年で15件、例外対応もできるRPAをカスタムメイド

コンピューターの演算能力向上に伴い、人間以上のパフォーマンスが期待できるようになったAIの応用を目指して2013年に設立された同社。齊藤福光社長は、昨年立ち上げられた「一般社団法人日本RPA協会」の理事も務めている。 「ここ数年の世界的なAIブームは、もともとグラフィック処理に使われていたGPUという半導体を使うことでAIが桁違いに賢くなったという技術的なブレイクスルーによるものです。その中で私は、企業の業務や消費者向けのサービスにAIを応用していこうと当社を立ち上げ、BtoBの分野ではホワイトカラー業務の自動化にチャレンジしてきました。RPAという名前を聞いたとき、そうした当社の取り組みに名前が付いたという印象を持ったのです」。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。