メディア
コラム
» 2018年12月12日 10時00分 公開

「G Suite」が営業組織にもたらすインパクト

売上アップ、業績成長を実現するために単純に営業人員を増やしても固定コストはかさみ、採用市場でも優秀な人材を獲得するのが難しい時代。今いる人員でコストをかけることなく売上を上げる方法を考える必要がある。

[今井晶也セレブリックス]

 著者が在籍するセレブリックスは、クラウドサービスとして世界でも有名な「G Suite(旧Google Apps)」を導入して営業生産性を高めた企業の1つです。

 売上アップ、業績成長を実現するために単純に営業人員を増やしても固定コストはかさみ、採用市場でも優秀な人材を獲得するのが難しい時代。何とか「今いる人員でコストをかけることなく売上を上げる方法」を考える必要がありました。

 そんなときに出会ったのがG Suiteでした。G Suiteを活用することで、営業が外出中や移動時間を有効活用することができ、営業に充てることのできる「コアタイム」が増加しました。その結果、1人当たりが生み出す営業生産性が飛躍的に高まったのです。

本コラムは2016年2月2日に公開した「『Google Apps』が営業組織にもたらすインパクト」を再掲載するものです。Google Appsは2016年9月に「G Suite」に名称が変更されています。

G Suiteの導入で 営業生産性を高めた3つのポイント

 振り返るとG Suiteを導入し、運用を正しく行うことで以下のメリットを手に入れることができました。営業活動をクラウド化するという行為は、これまでの営業の在り方を根本的に変える出来事となるでしょう。

  1. 顧客評価、顧客満足値の向上
  2. コスト削減
  3. 機会損失削減

 この3つのポイントについて解説いたします。

1. 顧客評価、顧客満足値の向上

 G Suiteを活用し、営業活動をクラウド対応にすることで、まるでどこでもオフィスにいるように仕事を推進することが可能になります。

 これにより、顧客へのレスポンスやコミュニケーションスピードが格段に向上し、顧客評価や満足値の向上につながりました。顧客対応やコミュニケーションにおいて「レスポンスがとにかく早い」という応対は、最も分かりやすい差別化要因(競争優位性)となります。

 G Suiteを活用することで、顧客からみて「〇〇さんはいつも返信や対応が早い」という信頼関係の構築につながり、売上アップやリピート化を実現するのです。

2. コスト削減

 外回りの多い営業パーソンが、移動時や出先で仕事をできるようになることで、わざわざ会社に戻って仕事をする必要を減らすことができます。

 これにより余計な移動コストや、必要に応じた直行直帰の推進、帰宅時間が早まることで残業コストの削減を実現できるようになりました。

3. 機会損失削減

 外回り中に急きょ顧客のフォローが必要になったり、商談中に予定していなかった商品の相談が来たり、営業活動では想定していないケースが発生することが多々あります。

 そうした場合に資料がなかったり質問に対する応答がでなかったりすると、訴求効果が弱まるといった機会損失が発生します。

 クラウドにどこでもアクセスできる環境が整っており、必要に応じて資料の出し入れをできるようになればこうした問題を解決できるのです。


 今回は「G Suiteが営業組織にもたらすインパクト」と題し、G Suiteを導入すると営業がどのように変化していくのかを、私の体験から簡単に紹介しました。今後、G Suiteの具体的な活用方法や使えるアプリケーションの紹介、運用例などを事例も踏まえて紹介します。

著者紹介:今井晶也

今井晶也

2007年セレブリックス入社し、営業代行事業のメンバーを経てプロジェクトマネジャーを経験。これまで100社以上、1000商品を超える新規営業や販路開拓を行い、クライアント企業の業績向上に貢献。現在は、多くの営業支援で培ったノウハウと経験を武器に、営業の教育や講演活動などを行い、活動の場を広げている。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。