メディア
特集
» 2021年05月10日 07時00分 公開

SaaS管理ツールとは? IDaaSとの違い、SaaS導入企業が抱える課題の解決法を解説

企業が使うSaaSの数は数十とも数百ともされる。SaaSの権限管理の漏れは重大なインシデントにつながるリスクがあるが、これらを表計算シートで管理するのは現実的ではない。外部パートナーを含めた人材情報とアカウント情報を一元的に管理する方法とは。

[高橋睦美,キーマンズネット]

 SaaSの特徴は、初期投資や事前のインテグレーションが不要で、必要なときにすぐ使い始められる点にある。しかも支払いは「利用した分だけ」なのでコストパフォーマンスも良い。ITベンダーが自社サービスをSaaSとして提供する例もどんどん増えている。

 現在、企業の規模を問わずにほとんどの企業が何らかのSaaSを使っている。これらのアカウント情報の管理は「表計算シートの参照」や「人事や現場部門から申請を受けてIT部門が対応する」といった手法がとられがちだ。それでは今後も増え続けるSaaSに対応しきれず、さまざまなリスクの温床になる。

 SaaS導入企業が抱える課題を解消するSaaS管理ツールを導入することで、従来の管理手法では対応しきれなかった効率化が可能になる。本稿はSaaSを取り巻く現状とアカウント管理における課題、IDaaSとの違いなどについて解説する。

一社当たり数百種類の例も 増え続けるSaaSの課題

 皆さんは仕事でいくつSaaSを利用しているだろうか。Googleのメールサービス「Gmail」や「Microsoft 365」、オンライン会議の「Zoom」をはじめ、営業支援や会計、名刺管理、人事労務など、従来はオンプレミス環境や手元のPCにアプリケーションをインストールするのが当たり前だったさまざまなツールがクラウドで提供されている。

 過去にキーマンズネットが実施した調査では、日常の業務で利用しているSaaSの数を「1〜3種類」と回答したユーザーが多かった。しかし実際に企業が管理しているSaaSは数十〜数百に上るという。

 SaaSアカウント管理を支援するプラットフォーム「YESOD」を提供する、イエソド創業者の竹内秀行氏は「1企業が利用するSaaSの数は、平均23種類といわれている。IT系新興企業にヒアリングをすると、300から400ものSaaSを利用しているケースもある」と述べた。 ユーザーの認識との乖離が大きいのは、それだけ意識していないSaaSが大量に存在するためだろう。

 SaaSは単独で使いやすい半面、SaaS同士での情報共有や権限設定の連携といった「横のつながり」が薄いという弱点がある。そこで懸念されるのは、情報漏えいなどのセキュリティリスクへの備えだ。現場の事業部が独断で利用してIT部門が把握できない「シャドーIT」や、設定ミスによってクラウド上の情報が公開されてしまうといった問題は、増え続けるSaaSの管理が従来の手法では難しくなっていることに起因する。

クラウド時代の新たな課題(出典:イエソド)

 IDとパスワードの管理は、以前からIT管理者とユーザーの双方を悩ませてきた。オンプレミス環境においてもPCやメール、ポータルサイト、ファイルサーバなど、増え続けるアカウント情報を管理して適切な権限をどのようにコントロールするかは悩ましい問題だった。

 それがSaaSの普及によって、さらに深刻化している。数百人の従業員が、数十、時には数百ものSaaSを使えば、管理するアカウント数は数万を超える。入社や退社、人事異動のたびにアカウントの発行や権限管理をIT部門が手動で実施する負荷は大きく、しかも事業部や業務ごとに異なるSaaSを、時には無断で使っているケースもあると考えれば、状況の把握すら困難になってしまう。実態として「Microsoft Excel」や「Google SpreadSheet」などの表計算ソフトで管理しているケースも少なくないと思われるが、例えば所属が同じでも「営業部」「営業」「セールス」など文言がバラバラになっていたり、兼任をセル内に列挙していたりといった状態では、そのままデータベース化するのは不可能だ。そろそろ人の手で管理するのは非現実的なレベルとなっている。

IDaaSだけでは解決できない理由

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。