メディア
ニュース
» 2022年05月18日 16時00分 公開

事例で解説、PC運用とSaaS管理に追われる"不幸"な情シスを救う「ジョーシス」って?

ContractSは、IT機器とSaaSの統合管理に向けたクラウドサービス「ジョーシス」を導入した。ジョーシスで管理コストを削減し、アカウントの追加・削除漏れが減少した。

[大島広嵩,キーマンズネット]

 ネット印刷で知られるラクスルのグループ会社であるジョーシスは2022年5月17日、IT機器とSaaS(Software as a Service)やITデバイスの統合管理に向けた同社のクラウドサービス「ジョーシス」をContractSが導入したと発表した。

50種近くのSaaSを一元管理

 クラウド型契約マネジメントシステムを提供するContractSでは、業務効率向上などを目的に50種近くのSaaSを導入している。上場準備や監査対応に当たって、それらを網羅的に管理できるツールの導入を検討していた。さらに、情報セキュリティ対応やIT機器管理、ソフトウェア管理、社内データベース管理などを進めていく中で、情報資産の全量把握やリスク対応といった課題を抱えていた。ジョーシスの導入は、こうした課題を解決することが目的だ。

コーポレートITのアナログな業務の自動化を実現(出典:ジョーシスHP)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。