メディア
ニュース
» 2022年02月10日 18時00分 公開

確定申告、不備が怖いから窓口で……e-Taxに関する意識調査

「確定申告のデジタル化に関する意識調査」によると、2021年分の確定申告で、e-Taxの利用意向を持つ青色申告者の割合は、対前年比で微増となった。その一方で確定申告の不備が怖いといった理由から抵抗のある人も多いようだ。

[キーマンズネット]

 2021年分の確定申告が2022年2月16日から始まる。最近では従業員の副業を認める企業も増加し、会社員にとっても確定申告はより身近なものとなった。

 従来、確定申告といえば煩雑な書類作成や混雑する窓口での手続きが風物詩となっていたが、確定申告もデジタル化が進み、証憑(しょうひょう)整理や取引記録に会計ソフトなどの利用や、「e-Taxによる申告」(電子申告)ができるようになった。従来の手作業による集計作業や申告書作成、税務署に出向いての申告書の提出に比べて作業負担が小さく、圧倒的に業務効率を高められる。

デジタル化した確定申告の流れ(出典:弥生のプレスリリース)

 電子申告の浸透を後押しするため、政府は、前回2020年分(2021年2〜3月申告)確定申告より電子申告優遇措置を講じた。従来の要件に加え「e-Taxによる申告」(電子申告)または「電子帳簿保存」をすれば青色申告特別控除65万円を受けられ、要件を満たさなければ控除額が55万円に引き下げられる。

 控除額の要件変更から2回目となる2021年分確定申告は、どのような変化が起きているのだろうか。クラウド会計ソフト「弥生シリーズ」などを提供する弥生は2022年2月7日、「確定申告のデジタル化に関する意識調査」の結果を発表した。

e-Tax利用は微増、非利用者は「不備が怖いから窓口で」「紙に慣れ」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。