メディア
特集
» 2022年07月20日 09時00分 公開

三井住友信託銀行が4年間で40万時間以上の削減達成、UiPathをどう使っているのか

三井住友信託銀行は、自動化プラットフォーム「UiPath」によって4年間で累計40万時間以上の業務を削減した。どの機能をどう活用して累計40万時間以上の業務削減を成し遂げたのか。

[キーマンズネット]

 三井住友信託銀行はUiPathの自動化プラットフォームを利用して、4年間で累計40万時間以上の業務を削減した。UiPathが2022年7月19日に発表した。同社は、UiPathによって業務効率化の枠を超えたさまざまな成果を上げているという。

 三井住友信託銀行の業務範囲は、個人や法人の顧客から預かった資産の運用など多岐にわたる。同行が2018年に少量多品種業務の効率化を目的としてUiPathを導入したが、現在はその活用範囲を拡大している。UiPathはここ数年でRPA(Robotic Process Automation)に止まらない自動化関連機能を拡充しているが、それらをどう活用して累計40万時間以上の業務削減を成し遂げたのか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。