特集
» 2017年05月22日 10時00分 公開

機械学習ツールやサービスの種類と使いどころを整理するIT導入完全ガイド(5/7 ページ)

[吉村哲樹,オフィスティーワイ]

Amazon Web Services「Amazon AI」

 Amazon Web Services(AWS)も近年、AI関連サービスに力を入れている。「Amazon Machine Learning」と呼ばれるサービスを使えば、TensorFlowやCaffe、CNTKといった主要な機械学習フレームワーク環境をAWS上に簡単に構築できるようになっている。また音声─テキスト変換や画像分析のための学習済みサービスも提供している。Amazon S3などに格納したデータとの連係を前提としているため、AWS専業ベンダーなどとともにビジネス開発などを検討していたり、既にAWSを使っていたりするような企業では、運用やメンテナンスなどを考慮してAWSを検討するケースも少なくないという。主要な機械学習用のフレームワークを利用できるため、選択が豊富な点も見逃せない。

 これに加え、実は海外では「Amazon Echo」と呼ばれるスピーカー型の音声アシスタントデバイスが売れに売れており、これに搭載されている「Alexa」という同社独自の音声認識機能が注目されている。このAlexaのようなアプリケーションを開発するためのサービスは「Amazon Lex」として一般に公開されている。AWSではこのLexに加え、画像認識のための「Amazon Recognition」、音声合成のための「Amazon Polly」も発表しており、それらを総称して「Amazon AI」と呼んでいる。

図3 全ての開発者向けのAIソリューション 図3 全ての開発者向けのAIソリューション(AWSが開発者向けに公開しているAmazon AIの構成)(出典:Amazon Web Services)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。