メディア
ニュース
» 2021年12月28日 06時00分 公開

2022年のペーパーレス化予算調査 いまだ残る“紙業務”の課題とは

「ペーパーレス化に伴う2022年度予算」に関する調査結果によると、2021年度に社内のペーパーレスを推進した企業の割合は約7割に上った。その一方で社内ではいまだ残存する“紙業務”が課題となっているようだ。

[キーマンズネット]

 企業の経理や総務、法務領域のペーパーレス化を支援するペーパーロジックは2021年12月27日、「ペーパーレス化に伴う2022年度予算」に関する調査結果を発表した。同調査は同月13〜15日まで、東京に本社がある企業の経営者や役員105人を対象として実施した。

 2022年1月には、経理手続きなど従来の紙業務のデジタル化を推進するために書類の電子保存におけるルールなどを定めた「改正電子帳簿保存法」も施行されるが、各企業のペーパーレス化の現在地はどうなっているのだろうか。

7割の企業がペーパーレス化に取り組むも紙の課題が多く残る結果

 調査結果によると、2021年度に社内のペーパーレス推進を実施したかどうかについて「積極的に行った」と回答した割合が31.3%、「ある程度行った」が41.0%となり、合計で72.3%の企業がペーパーレス化を推進していることが分かった。

図1 ペーパーレス化の推進状況(出典:プレスリリース)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。