メディア
ニュース
» 2022年03月04日 10時00分 公開

DX認定制度とは? 取得のメリットとIT導入を「ただのデジタル化」にしない方法

2025年問題を背景に、企業のDX推進するねらいで創設された。取得を通してデジタル活用による生産性の向上を目指せる。

[キーマンズネット]

サマリー

  • DX認定制度の概要
  • 認定を取得するメリット
  • DX認定の取得方法

 DX認定制度とは、経済産業省が「情報処理の促進に関する法律の一部を改正する法律」(令和元年法律第67号)に基づいてDX推進に取り組む企業を認定する制度だ。「デジタルガバナンス・コード」の基本的事項に対応する企業にインセンティブを付与し、官民のデジタル化を推進するねらいがある。

 認定に当たっては戦略的なデジタル技術の活用と経営層の関与、運用体制の確立が必要要件とされる。DX認定取得の活動が、そのまま社内のDX促進や生産性向上に繋がる。

DX認定制度の概要

 近年、労働人口の減少やデジタル化への取り組みの遅れから、労働生産性の低下が問題視される。経済産業省の「DXレポート」によると、このままDXが進まなければ2025年以降、日本企業において年間最大12兆円の経済損失が生じる可能性があるとされている(2025年の崖問題)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。