メディア
ニュース
» 2022年04月28日 08時00分 公開

アサヒグループがBoxを導入 APIを活用しデータを一元管理

アサヒグループジャパンは、業務の効率化や、セキュリティとガバナンスの強化に向けてBoxを採用した。業務効率や生産性の向上を図ることが目的。APIを活用してデータを特定のアプリに依存させず、業務に合ったアプリケーションを採用できるようにした。

[キーマンズネット]

 アサヒグループジャパンは、業務の効率化やセキュリティとガバナンスの強化に向けて「Box」を採用した。Box Japanが2022年4月27日発表した。情報資産を集中管理するコンテンツハブとして活用する。

部門・個人管理でサイロ化していた情報資産を集中管理

 アサヒグループジャパンではこれまで、情報資産を業務や部門、個人ごとに管理していたことでサイロ化が進み、経営課題の1つになっていた。同時に、セキュリティや情報ガバナンスにも懸念が生じていた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。