メディア
ニュース
» 2022年05月18日 07時00分 公開

没入型ワークスペースとは? バーチャルオフィスとの違い、メタバースとの関係を解説

没入技術を活用した業務環境。効率化やアイデアの創出、従業員エンゲージメント向上に期待がもたれる。

[キーマンズネット]
  • 没入型ワークスペースの仕組みと注目の背景
  • 没入型ワークスペースできる事
  • 関連用語

 没入型ワークスペースとは、360°投影やジェスチャー制御、AR(拡張現実)、VR(仮想現実)といったデジタル技術を活用した業務環境だ。テレワークの課題である帰属意識や従業員エンゲージメントの低下の予防が期待される。2021年11月にガートナーが発表した「日本におけるユーザー・エクスペリエンスのハイプ・サイクル」で「黎明期」に位置付けられ、今後の発展が期待される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。