メディア
ニュース
» 2022年05月19日 08時00分 公開

5000人のトヨタ従業員がローコード/ノーコード開発 市民開発推進の"草の根活動"に迫る

デジタル戦略に本腰を入れるトヨタ自動車。Power Platformを用いた市民開発の活発化にはボトムアップ活動を含めると3年間の長い道のりがあった。全社展開までの道のりと、実際にプログラミング初心者のチームがPower Platformで開発した遊休設備のマッチングアプリの内容とは。

[キーマンズネット]

 トヨタ自動車がデジタル化に本腰を入れる。同社はデジタル戦略のけん引のため、会社直轄組織を設置し各本部やカンパニー、センターに推進役や支援部隊を配置。インフラ強化や各種啓蒙活動、人材育成など、マネジメント層を含む全ての階層、職場を巻き込んで多様な施策や活動に取り組む。その一環として同社が注力するのは「市民開発」だ。日本マイクロソフトが2022年5月17日、公式ブログにてトヨタ自動車の市民開発推進の取り組みを紹介した。

 市民開発とは、IT部門に依存せずローコード/ノーコードの製品・サービスを活用して業務部門が自ら業務デジタル化を実現することを指す。市民開発を推進すればIT部門では予算のつきにくい小規模案件でも、現場の担当者が自らの課題解決に向けたサービスを開発できるようになる。トヨタ自動車では「自分たちが現場で業務改善をやりきる達成感」や「ITリテラシーの底上げ」といった副次的な効果も期待されている。

トヨタ自動車にPower Platformでの市民開発が定着するまで

 トヨタ自動車の市民開発に向けた活動を社内での正式活動になる以前から地道に続けてきた人物が、現在同社のデジタル変革推進室に所属する永田賢二氏だ。

 2019年、R&D部門の管理部署で老朽化したレガシーシステムのOS更新や不具合対応などを担当していた永田氏によると、当時すでにITシステムのサーバレス化やクラウド活用が注目されていたものの思うように社内活用できておらず、「自社のデジタル化に関しては諦めの心境だった」という。

 2020年1月、永田氏は業務改善のヒントを求め、大阪で開催されていたイベント「Microsoft Ignite」に参加し、そこで「Microsoft Power Platform」(以下、Power Platform)を知る。永田氏はマイクロソフトのインタビューに対し、「Power Platformによってアプリケーションの開発が劇的に効率化できると感じました。サーバも必要なく、維持や運用で疲弊することもありません。またクラウドサービスなので、アプリケーションのミドルウェアの管理なども削減できるはずです。機能も豊富で、エンドユーザーが自らアプリを開発することも可能だと感じ、『使える』と直感しました」と話す。

 日帰り出張の予定を変更した永田氏は自費で延泊を決め、一晩かけて、アイデアをノートにまとめた。「社内で技術コミュニティーを立ち上げ、自らエバンジェリストとして活動しよう。情報システム部門やマイクロソフトと連携して活動を進めよう」と永田氏は決意し、ノートに記したメモを活動のベースとした。

写真 永田氏が一晩かけてまとめたノートのメモ(出典:日本マイクロソフトの公式ブログ)

 出張から戻った永田氏はまず「Microsoft Teams」(以下、Teams)で社内技術コミュニティーを立ち上げ、業務時間外には「YouTube」で自ら学習、社外の技術コミュニティーが主催する勉強会にも足を運んだ。インタビューでは「あまり人前に出るのは得意ではない」と語る永田氏だが、社内の技術系有志団体にPower Platformを紹介した他、同僚や上司をはじめさまざまな人に「嫌がられながらもPower Platformの良さをアピールしてまわりました」と振り返っている。

 2020年6月、ようやく社内でも市民開発活動本格化の契機が訪れる。ローコード/ノーコードツールに関する新聞記事を見た当時のカンパニープレジデントが、トトヨタ自動車社内でも活用できないかと問いかけたのだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。