メディア

Google WorkspaceとSAP S/4HANAが統合 新たな連携機能とは?

Google CloudとSAPは両社の関係を拡大し、Google WorkspaceとSAP S/4HANA Cloudを新たに統合する。SAPソフトウェアとGoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートとの間で、データをエクスポートやインポートを可能にする。

» 2022年05月20日 10時40分 公開
[キーマンズネット]

 SAP Japanは2022年5月19日、Google CloudとSAP SEが両社の関係を拡大し、「Google Workspace」と「SAP S/4HANA Cloud」を新たに統合すると発表した。SAPソフトウェアのデータを、GoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートのコラボレーション機能を使って編集可能になる。

SAPとGoogle Workspaceがシームレスに連携

 SAPでは、SAP S/4HANA Cloudと「Googleドキュメント」や「Googleスプレッドシート」との統合によって、組織内の共同作業を可能にする新たなビジネス機能やユースケースを提供するとしている。

 まずは、財務や経理などに向けた機能を、2022年中にSAP S/4HANA Cloudの標準機能として組み込む予定だ。データのエクスポートとドキュメントの共同管理によって、よりシームレスなユーザーエクスペリエンスを生み出すとしている。

 具体的には、SAPソフトウェアとGoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートとの間で、データをエクスポートやインポートを可能にする。さらにクリーンなデータソースの信頼性を確保できるようにする。これによって、SAP S/4HANA Cloudで管理しているデータを、GoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートでリアルタイム編集できる。

 財務担当者がSAP S/4HANA Cloudで、安全で信頼性が高くコンプライアンスに基づいた方法で財務記録を管理する場合、GoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートを使ってデータを共同編集できるようになる。

 SAPのインテリジェントエンタープライズとクロスアーキテクチャ担当SVP兼責任者を務めるPhilipp Herzig氏は、「GoogleドキュメントおよびGoogleスプレッドシートとネイティブ統合してほしいという要望は、両社共通の顧客から数多く寄せられていた。今回の統合によって、ビジネスドキュメント上で共同で作業する人々のために準備を整え、重要なビジネスプロセスとデータを、SAPを通じて厳重に管理できる。対応は全てクラウドで実行される」と述べている。

 一方、Google Workspaceのバイスプレジデント兼ゼネラルマネジャーを務めるJavier Soltero氏は、「ハイブリッドワークへの移行は、サイロやコラボレーションに対する障壁を生み出しかねない。これは、従来のツールにはこれ以上依存できないことを表している。SAPとのパートナーシップ拡大を受け、密接な統合を新たに加えることで、SAPでデータを管理する際に、Google Workspaceのリアルタイムコラボレーション機能を活用できる。複数のチームがSAPのデータに同時にアクセスして、より効率的にプロジェクトを推進可能だ」と述べている。

 SAPでは今後、今回の財務・経理に向けた機能に加えて、新たなシナリオも追加する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。

編集部からのお知らせ