メディア
ニュース
» 2022年06月15日 09時20分 公開

ノリか戦略か――横河電機、DeNA、pixivの個性が光る業務自動化の必勝法

横河電機、ディー・エヌ・エー、ピクシブの担当者がiPaaSによる業務自動化の取り組みを語った。各社の個性が反映された三者三様のプロジェクトから、業務自動化を円滑に進める秘訣や、現場従業員の抵抗への対処法、ITガバナンスを効かせるコツなどを学ぶ。

[名須川竜太,キーマンズネット]

 事業部門主体で業務改革を進めることの有効性が指摘される中、非エンジニアでもノーコード/ローコードで業務プロセスやデータを統合、自動化できるiPaaS(Integration Platform as a Service)が期待を集めている。

 国内でもiPaaSを活用した業務変革の事例が出始めているが、各社とも動機や戦略、推進体制などはさまざまで、それぞれが事業部門を巻き込みながら内製化を進めるベストプラクティスを模索している状況だ。

 米国のiPaaSベンダーのWorkatoは、2022年5月11日〜13日にかけてオンラインイベント「Automate 2022」を開催。11日の事例講演では、横河電機、ディー・エヌ・エー、ピクシブの担当者らが、自社のiPaaS活用の取り組みを共有した。三者三様のプロジェクトから、業務自動化を円滑に進める秘訣(ひけつ)や、現場従業員の抵抗への対処法、ITガバナンスを効かせるコツなどが見えてきた。

(左上)ディー・エヌ・エー 大脇智洋氏、(左下)Workato 鈴木浩之氏、(右上)ピクシブ 加藤隆彦氏、(右下)横河電機 加藤享夫氏

パネラー

横河電機 デジタル戦略本部 戦略システムソリューション部 部長 加藤享夫氏

ディー・エヌ・エー IT戦略部 部長 大脇智洋氏

ピクシブ CIO 加藤隆彦氏

モデレーター

Workato オートメーションエバンジェリスト/日本創業者の鈴木浩之氏

ピクシブの決め手は「ノリ」? 三社三様の組織体制とルール

 最初のテーマは「業務の自動化をどのように進めているか」というものだ。「当社のビジネスは、お客さまや仕入れ先、従業員など多くの接点があります。これらの多様な接点をつないでプロセスやデータを統合、連携させて効率化を目指しています」。そう語るのは、横河電機の加藤享夫氏だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。