メディア
ニュース
» 2022年07月06日 07時00分 公開

東洋紡5000人の人材情報を一元化 次世代経営人材の育成に向けシステムを刷新

1882年に創業され140年の歴史を持つ東洋紡は、全社視点での最適な人材育成を高度化するため、5000人の人材情報を一元化する。人事給与や人事評価、勤怠管理、資格情報管理など、業務領域ごとに別システムで管理していた情報をどのように集約したのか。

[大島広嵩,キーマンズネット]

 東洋紡は1882年に創業され140年の歴史を持つ。現在はフィルム・機能性樹脂、自動車用資材、生活・環境関連素材、バイオ・医薬などを提供する。同社は、次世代経営人材の育成や組織人事戦略の実現において、全社視点で最適な人材育成を高度化するという課題を抱えていた。

 将来の人材輩出に向け、タレントマネジメントの観点で人事異動をより有効に機能させるべく、どこに・どのような人材が・どの程度必要かという「ポジションの見極め」と、誰にどのような経験を積ませるべきかという「育成すべき人材の見極め」および、この二つを実現するためのプロセス設計に着手した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。