メディア
ニュース
» 2022年08月05日 10時00分 公開

旭川市がRPAのシナリオ作成、運用を外部委託 狙いは?

北海道旭川市がRPAテクノロジーズの「BizRobo!」を本格導入し、シナリオの作成と修正、導入運用支援と運用保守を委託するという。狙いは何か。

[キーマンズネット]

 RPAテクノロジーズは2022年8月3日、北海道旭川市が行ったRPA(Robotic Process Automation)の導入運用支援業務にかかわる公募型プロポーザルで受託候補者に選定され、旭川市が同社のRPAツール「BizRobo!」を7月に本格導入したと発表した。北海道でBizRobo!を導入した自治体は、旭川市が9番目だ。

 旭川市は2021年8月に「旭川市デジタル化推進方針」を策定し、行政サービスの迅速化による利便性向上や、行政運営の効率化などに取り組んできた。行政運営の効率化については、AI(人工知能)やRPAといったICTを活用すると明記し、2020年度から定型業務への活用を進めている。

RPAを導入したものの全庁導入に壁

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。