メディア
特集
» 2015年11月10日 10時00分 公開

コミュニケーションツールの導入状況(2015年)IT担当者300人に聞きました(1/4 ページ)

347人を対象に導入状況を調査した。ツールによって導入率が極端に異なる中、大企業、中小企業の抱えている問題が明らかになった。

[キーマンズネット]

 キーマンズネットでは、2015年8月26日〜9月10日にかけて、「コミュニケーションツールの導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数347件)。回答者の構成比は、情報システム部門が40.6%、一般部門が59.4%だった。

 本調査でいう「コミュニケーションツール」とは、「グループウェア」「コラボレーションツール」「オンラインストレージ」「ファイルサーバ」「電子メール」「チャット・インスタントメッセージングツール」「社内SNS」「EIP(企業情報ポータル)」「文書管理ツール」を指す。今回は、これらツールの「導入率」「選定時に重視するポイント」「導入時に期待するもの」「導入後の課題」などを聞いた。

 なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

ツールによって導入率が極端に異なる

 まず、コミュニケーションツールの導入状況について尋ねた(図1)。導入済みという回答が多かったのは、「電子メール」(導入済み98.2%)や「ファイルサーバ」(導入済み91.4%)、「グループウェア」(導入済み79.0%)の3ツールが、8割程度もしくはそれ以上の導入率だった。

 また、導入率8割にまでは至らないものの比較的導入が進んでいるツールとしては、「チャット・インスタントメッセージングツール」(導入済み40.6%)、「文書管理ツール」(導入済み43.8%)、「オンラインストレージ」(導入済み40.0%)などだった。

 一方、導入率が低く、導入予定なしという回答が優勢なのは「コラボレーションツール」(導入予定なし71.3%)、「社内SNS」(導入予定なし68.3%)の2ツールだった。

会社で導入しているコミュニケーションツールの導入状況(複数回答) 図1 会社で導入しているコミュニケーションツールの導入状況(複数回答)
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。