メディア
ニュース
» 2022年04月27日 07時00分 公開

ホテル・飲食店予約サイト一休、NaaS導入で全社ネットワーク環境を刷新

ホテルや飲食店の予約サイトを運営する一休は新たにNaaSソリューションを導入した。ネットワーク遅延で業務に支障が生じていた同社が、製品選定のポイントと導入後の効果を語った。

[野依史乃,キーマンズネット]

 ホテルや飲食店の予約サイト「一休.com」の運営企業である一休は、ネットワーク環境最適化に向けてNaaS(Network as a Service)を全国7拠点に導入した。

ネットワーク遅延で業務支障も NaaS導入・選定の3つの理由

 同社は、1998年の創業以来、一休.comを中心に宿泊予約事業やレストラン予約事業などを展開する。これまで、全国の拠点に無線LAN環境を整備し、日常的な業務の基盤として活用してきたが、各種ネットワーク機器の新時期が異なるなど、ネットワーク全体として最適な状態ではなくなってきた。最近ではテレワーク移行によりWeb会議などの利用が増え、ネットワーク遅延が業務に支障があることもあった。

HPE GreenLake for Arubaのサブスクリプション型消費モデル(出典:Arubaプレスリリース)

 こうしたネットワーク環境の最適化に向けて、一休では無線ネットワークと有線ネットワークを包括し、全社的に安定したネットワーク品質が確保できる環境を整備することにした。運用負荷の軽減も見据えて、ArubaのNaaSソリューション「HPE GreenLake for Aruba」を導入した。製品選定の主な理由は次の3つだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。