メディア
ニュース
» 2022年06月24日 14時00分 公開

世間を騒がすUSBメモリ紛失 テレワークで「シャドー紛失」が横行する実態

USBメモリ紛失による尼崎市の個人情報漏えい事件が世間を騒がせている。テレワークで業務用デバイスの持ち出しが増えた昨今、調査ではセキュリティリスクとなる「シャドー紛失」が横行している実態も明らかとなった。

[野依史乃,キーマンズネット]

 兵庫県尼崎市は2022年6月23日、臨時特別給付業務の委託先の従業員が「全市民46万人分の個人情報が入ったUSBメモリを紛失した」として、謝罪した。USBメモリには全市民の住民基本台帳データや住民税に関する情報、生活保護や児童手当受給世帯の銀行口座情報などが保存されていた。

 当該の紛失事故は、紛失した理由やその後の記者会見でパスワードに関する情報を市側が明かしてしまうなど、「セキュリティ意識に欠ける」として波紋を呼んでいる。

 尼崎市によると、委託先の従業員がUSBメモリを紛失したのは21日のことだ。委託先の従業員は、臨時特別給付金コールセンターでのデータ移管作業のために必要なデータをUSBメモリに保存し、カバンに入れて持ち出した。作業完了後もUSBメモリ内のデータを削除しないまま持ち出し、飲食店で飲酒。酒に酔い路上で寝てしまい、帰宅してからUSBメモリを入れたカバンの紛失に気付き、翌日警察署に遺失物届けを出したという。

業務用端末の「シャドー紛失」多数 約9割は会社に報告しない

 保存されていた情報の重大さから、大きな話題となっているUSBメモリ紛失事件。そもそもUSBメモリやスマートフォン、ノートPCなど業務用デバイスの置き忘れや紛失は、情報漏えい事件においてその要因の“ワースト1位”という調査結果もある(注1)。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で拡大したテレワークで業務用デバイスの持ち出しを余儀なくされたことで「シャドー紛失」も増加しているという。

テレワーク中の置き忘れ・紛失の実態調査結果(出典:MAMOIRO)

 コロナ禍で広く定着したテレワーク勤務中における置き忘れや紛失の実態を調査した調査結果(注2)によると、テレワーク経験者の52.2%が「テレワーク中に業務に関する物品の置き忘れ・紛失を経験していること」が明らかとなった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。