メディア

DXリベンジャーズ 〜失敗で終わらせない、リベンジへの道〜

世の中のDX活動が鈍化傾向にある今こそがライバルに差をつけるチャンスです。正面からDXに取り組み、一緒にDXリベンジャーズの道を進んでいきましょう。

DXリベンジャーズ(第6回):

筆者はiPadが業務の効率化につながるのではと考え活用方法を模索しています。新型iPad Pro/Airが発表され話題となっている今、改めてiPadの特徴や業務効率化の例を紹介します。

[西脇 学, DLDLab.] ()
DXリベンジャーズ(第5回):

DXに取り組む際、実現すべきテーマの一つに情報共有があります。Notionを導入し、組織全体で効果的に活用するための戦略をお話しします。

[西脇 学, DLDLab.] ()
DXリベンジャーズ特別編「脱Excel」/後編:

脱Excelは単なるツールの置き換えではなく、ビジネスプロセス全体の見直しやDXへの足掛かりとして考えることが大切です。Excelの移行先トップ3や、移行成功のコツを解説します。

[西脇 学, DLDLab.] ()
DXリベンジャーズ特別編「脱Excel」/前編:

ただのIT活用をDXとされてしまう世の中の現状を見ると、もっと地に足の付いた話があってもいいのではと思うものです。そこで本稿では、「脱Excel」をテーマにExcelの利用に伴うリスクを解説します。

[西脇 学, DLDLab.] ()
DXリベンジャーズ(第4回):

RPAによって定型的なパソコン操作を自動化することで、さまざまな業務の作業時間を短縮できます。しかし、多くのRPAの成功事例にはDXの本質的な視点が欠けているように思います。「RPA導入」を失敗で終わらせないためにはどうしたらよいのでしょうか。

[西脇 学, DLDLab.] ()
DXリベンジャーズ(第3回):

ITのレベルが低い社員を“デジタル人材”として評価してしまうと、AI時代の新世代が入社した際に、先輩デジタル人材のレベルの低さに失望し、すぐに退職してしまうかもしれません。今回は「デジタル人材育成」にリベンジする道を考えていきましょう!

[西脇 学, DLDLab.] ()
DXリベンジャーズ(第2回):

草の根DXは組織全体のデジタル化を推進する取り組みとして魅力的に思えます。しかし実は、時間が経つにつれてさまざまな問題が噴出します。失敗から学び、失敗で終わらせない方法を解説します。

[西脇 学, DLDLab.] ()
DXリベンジャーズ(第1回):

世間の興味が生成AIに移り、DXというキーワードは過去のものになろうとしています。しかし、DX活動が鈍化傾向にある今こそがライバルに差をつけるチャンスです。正面からDXに取り組み、本質的なDXを実現しましょう。

[西脇 学, DLDLab.] ()
会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。