メディア
ニュース
» 2022年04月08日 08時55分 公開

ティール組織とは?アメーバ経営やアジャイルとの違い、導入事例を解説

個々の従業員に権限を付与し、マネジャー層に当たる「管理職」は存在しない組織。外部環境の変化に即応できるとされる。

[キーマンズネット]
  • ティール組織注目の背景
  • ティール組織導入のメリット・デメリット
  • ティール組織の導入事例
  • 関連用語

 ティール組織とは、組織を構成するメンバーに多くの権限を付与し、各メンバーが組織共通の目的に沿って動く組織を指す。各メンバーが自らをマネジメントするため、従来型の組織構造における管理職は存在しないか、マネジャーの権限が少ない。環境の変化に適応しやすい、業務効率が向上する、従業員エンゲージメントが向上するといったメリットがあるとされ「進化型の組織」として注目を集める。

ティール組織注目の背景

 ティール組織は、2014年にフレデリック・ラルー氏が著書『Reinventing Organizations』で提唱した組織形態だ。同氏はマッキンゼーで組織改革プロジェクトに取り組む過程で、世界の組織を5つに分類した。赤、緑、といったカラーリングで類別した組織形態の中で、もっとも先進的な物がティール(青緑)組織とされる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。