メディア
ニュース
» 2022年04月22日 07時00分 公開

対向車が突っ込んでくる……自動運転が乗っ取られる重大リスクとは:658th Lap

自動運転技術の実用化はまだ遠いものの、研究は着実に進んでいる。しかし、この重大なリスクが解消されなければ、自動運転が現実のものとなるのは難しいだろう。

[キーマンズネット]

 技術の進展により、車の自動運転は現実味を帯びてきた。自動運転にはレベルが設定されている。自動運転システムを搭載しない車が「レベル0」で、何らかの運転支援システムが搭載されていれば「レベル1」、部分的に自動運転が可能な車は「レベル2」といった具合だ。

 条件付きで運転の自動化が可能になる「レベル3」になると、ドライバーは緊急時以外は運転操作をしなくてもよくなる。そうなれば、本格的な自動運転時代の到来となる。日本でもレベル3の自動車の公道走行が認められている。

 期待が寄せられる自動運転技術だが、ある研究チームは車同士の衝突などの事故を起こしかねない重大なリスクを発見した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。