金曜Black★ピット

「金曜Black★ピット」の連載記事一覧です。

DDR5メモリが出始めるも、今もなお広く使われているDDR4メモリに少し困った問題があることが判明した。DDR4を搭載するデバイスは注意が必要だ。

【キーマンズネット】()

セキュリティ企業などが狙われやすいパスワードを公表し注意喚起する中で、「あれだけ危険だって言ったのに……」というようなパスワードが今も現役で使われている。中には、「何でこれなの?」といった不思議なものも。その一部を紹介しよう。

【キーマンズネット】()

あるサイバー攻撃者はFBIの公式メールアカウントを乗っ取り、FBIをかたるスパムメールを大量にばらまいた。しかし、人をだましたり情報を盗み出したりすることが目的ではなかった。その裏には、あるメッセージが込められていた。

【キーマンズネット】()

リリースされてまだ間もない「Windows 11」。「初期リリースには不具合やトラブルは付き物だから」と諦めている人もいるだろう。しかし、中には看過できない致命的なものもあるようだ。今回はどんな“初期不良祭り”が繰り広げられているのか。

【キーマンズネット】()

人気商品の裏には転売屋の影あり。販売からもうすぐ1年がたとうとする「PlayStation 5」も転売屋の標的となった。その転売屋の裏で暗躍する厄介な存在が報告された。

【キーマンズネット】()

個人情報漏えい問題が発覚したともなれば、どんな組織であれ謝罪ものだ。しかし、ある知事は市民10万人分もの個人情報が漏えいしたにもかかわらず、誤るどころか逆ギレする始末だ。その裏には“犠牲”となった人がいた。

【キーマンズネット】()

4月1日の恒例行事となった企業各社によるエイプリルフールネタ。Googleも他社に負けじと過去に「Google日本語入力プチプチバージョン」などのネタを披露してきた。そのGoogleが4月でもないのにネタのような発表をした。今回は笑ってはいけない"本気"の内容のようだ。

【キーマンズネット】()

1000万台を超えるAndroidスマホに、あるマルウェアが侵入していることが明らかになった。それは怪しいサイトなどからではなく、“正々堂々と”侵入したものだという。われわれのスマホは大丈夫だろうか。

【キーマンズネット】()

CPUと言えばAppleの「M1チップ」が大きな話題を呼んだのが記憶に新しい。その裏で、Intelは一般的なCPUとは一線を画するある開発を進めていた。

【キーマンズネット】()

一度サイバー攻撃を受けた企業が再度狙われる確率は低くはないという。再び攻撃者に狙われる企業には共通点がある。

【キーマンズネット】()

ここ最近Microsoft関連の話題が尽きない。2022年6月16日(日本時間)に「Internet Explorer」のサポートが終了する。IEでしか動作しないシステムなどのためにEdgeには「IEモード」があるのだが、それも当てにはできないようだ。

【キーマンズネット】()

“脱コロナ禍”への道を照らすと考えられている「ワクチン」。混乱のワクチン接種事情の中で、未接種者を狙う一風変わった詐欺メールが発見された。こんなメールが届いたら、要注意だ。

【キーマンズネット】()

どの時代にも法やルールの“穴”をかいくぐる人がいるのが世の常だ。10月6日(日本時間)にリリースと発表された「Windows 11」は、大丈夫だろうと思って要件を無視してインストールするとヤバいことになりそうだ。

【キーマンズネット】()

予測変換などの入力補助機能でスマホやPCへの文字入力の負担は軽減された。しかし、今ではそうした便利機能に慣れてしまい、もっと簡単に文字を入力できる方法はないかと考えてしまう。もう手入力なんて必要ない「思考入力」が現実のものになろうとしているようだ。

【キーマンズネット】()

あのGoogleのトップページが気付かぬうちに一般ユーザーに売却されて大騒動になった。しかも激安価格で。そんなことってあり得るのか?

【キーマンズネット】()

2021年4月にAppleは「AirTag」という、今までとは“毛色”の違う製品を発表した。このAirTagの仕組みを使ってAppleのネットワークに入りこめてしまう怪しい技術が開発されたという。

【キーマンズネット】()

オークションでは、意外なものが思いもよらぬ金額で落札されることがある。先日、ある「ソースコード」がオークションに出品されて話題となった。しかも落札額は6億円という超高値だ。入札者が欲しがるのはワケがあった。

【キーマンズネット】()

とある場所で「PlayStation 4 Pro」が大量に発見された。話を聞くと、あることにPS4 Proを使えばカネになるという。それも、転売ではない方法で。一体どういうことか?

【キーマンズネット】()

プライバシー保護の観点でサードパーティーCookieの使用が問題になっているが、それに対処するためにGoogleは新技術を開発中だ。しかし、Amazonからも大不評で、周囲からとても“嫌がられている”という。

【キーマンズネット】()

スマホのロック解除などに用いられる「顔認証」。今、詐欺師たちの間で、あるものを得ようと“顔認証破り”が流行っているという。なぜそこに目を付けたのか。そして、気になる認証突破法とは。

【キーマンズネット】()

「リリース日未定」状態にあるWindows 11だが、「Microsoftはリリース日を“におわせ”ている」といううわさが流れている。

【キーマンズネット】()

最近、街を歩いていると至る所にWi-Fiスポットがある。フリーWi-Fiとなるとセキュリティ面に不安があるが、中には、そもそも「接続してはいけない」Wi-Fiスポットがあるという。

【キーマンズネット】()

スマホが携帯電話のスタンダードとなった今、「今さら何を?」と思うような事実が発覚した。それは、今考えると思わずゾクッとしてしまうような、怖い話だ。

【キーマンズネット】()

世界各国でデモ活動が繰り広げられる中、米国の当局はあのベンダーの製品を“国民監視ツール”として利用していたという。誰もが知るベンダーだというが、その製品とは?

【キーマンズネット】()

Androidスマホは、OSはGoogleのAndroid OSがベースだが、ハードウェアはベンダーによって仕様が異なる。しかし、多くのAndroidスマホに影響する問題が見つかったという。

【キーマンズネット】()

M1プロセッサを搭載したMacが好調な一方で、Appleは訴訟問題も抱えている。有名なのが「Fortnite」の課金にまつわる訴訟だが、その対審中に、Appleの幹部が長年語り継がれてきたMacの安全神話を崩壊させるようなことをつい“漏らしちゃった”という。

【キーマンズネット】()

今頃になって、1997年以降に発売されたWi-Fi機器に影響する深刻な問題が発見されたという。それって、実質、全てのWi-Fi機器に当てはまる問題では……。そんな困った問題とは?

【キーマンズネット】()

デバイスと周辺機器をつなぐ規格としてなじみの深い「USB」。USBの規格の一つで、データ転送の高速化をうたうUSB 3.0は、「あること」をするとその恩恵を受けられない可能性があるという。

【キーマンズネット】()

行動ターゲティング広告で大きな収益を得ているFacebook。同社の広告戦略に疑問を感じたある企業はこれにかみ付いたが、返り討ちに遭ったという。Facebookが、ケンカを売ってきた企業に対して採った“仕返し”とは?

【キーマンズネット】()

個人や企業、国境を超えたサイバー攻撃が止む気配はない。最近では、ロシアの国家機関が米国の政府や企業へのサイバー攻撃に関与していたことが判明し、米国政府が公式声明文書を出した。米国をそこまで怒らせた「攻撃の手口」とは?

【キーマンズネット】()

超高速、超低遅延、多数同時接続を実現する次世代通信技術「5G」に期待が集まる。しかしある大学によれば、5Gを通信だけではなく、あるものを生み出す技術として活用可能だという。その意外な使い道とは?

【キーマンズネット】()

どんなケースであっても、iPhoneのロック解除には応じない。そんなAppleの固い意志を無視して、iPhoneのロック解除を強行し、成功した強者がいた。ロック解除までの道筋を話そう。

【キーマンズネット】()

環境問題が深刻になる中で、サーバなどIT機器の熱問題は見過ごせない。しかし、Microsoftは“新たな発明”によって、一般的な手法とは真逆とも思える方法でサーバの発熱問題を乗り切ろうとしている。

【キーマンズネット】()

AppleやGoogleの審査をかいくぐって、詐欺まがいのアプリの販売が多数報告されている。その中でも、アンインストールしても課金され続ける危険なアプリの存在が公表された。

【キーマンズネット】()

Appleが満を持して発表したM1チップ搭載Macを狙う脅威の存在が2021年2月に明らかになったが、Appleを狙う脅威はまだ続く。サイバー攻撃者は、次に何を狙おうというのか。

【キーマンズネット】()

スマートフォンアプリの中には、開発や利便性の向上を目的に個人情報を収集するものもある。Googleアプリもそのうちの一つだが、ユーザーに公表をためらうほどのデータを収集していたという。

【キーマンズネット】()

常に最新のOSを提供し、ユーザー体験を向上させるという目的の下で生まれた「Windows 10」。しかし、ユーザー体験の向上どころか、世界中で大迷惑な問題を引き起こしたという。

【キーマンズネット】()

さまざまな業界から期待が寄せられる素材が世界中で生まれている。その一つにPCやスマホの性能を数千倍にまで“爆上げ”する素材があるという。

【キーマンズネット】()

Appleが高速データ処理をうたうM1チップを搭載したMacが2020年後半に発売された。Macについては3度目の大変革の時期だ。そんな、満を持して発表されたM1チップ搭載Macに脅威が近づいているという。

【キーマンズネット】()

悪意あるハッキングやサイバー攻撃が止むことはないだろう。セキュリティ対策企業のトレンドマイクロによれば、2020年における全世界でのサイバー攻撃の脅威検知は前年比で約7.8%増加しているという。

【キーマンズネット】()

最先端技術を搭載したTeslaのEVリコール問題が話題となった。リコールに伴う費用は日本円にして200億円超というが、そんな大規模リコール問題の原因となったのは、意外なものだった。

【キーマンズネット】()

最近、ちまたで話題の招待制音声SNS「Clubhouse」。利用者が増えているのは日本だけではない。あの国でも利用者が爆増しているというのだが、その理由とは。

【キーマンズネット】()

亡くなったあの人をデジタルで再現できるとしたら――?まるでSFのような技術が特許を取得しているという。

【キーマンズネット】()

安全のために導入したホームセキュリティシステムに、とある犯人が忍び込んでいるとしたら……。一般家庭を脅かした不正アクセスの詳細とは?

【キーマンズネット】()

とある理由で15年前に販売されたWi-Fiルーターが、今でも人気を博しているという。いったい、どういうことなのだろうか?

【キーマンズネット】()

2021年も標的型攻撃による被害はとどまることを知らない。そんな中、日本円にして155億円もの被害を生んだランサムウェアが存在するという。しかし、その攻撃者は“規律正しい”というが、どういうことか?

【キーマンズネット】()

国産のスマホ専用Webブラウザアプリ「Smooz」に「スパイウェア疑惑」が持ち上がり大きな話題を呼んでいる。その詳細とは――?

【キーマンズネット】()

感染すると検索エンジンを利用するたびに働いてしまうマルウェアが登場し、感染拡大しているという。

【キーマンズネット】()

Googleが「クラウドサービスで、とある条件がそろった場合、アカウントのデータを削除する」と発表し、世間を賑わせている。いったい、その詳細とは?

【キーマンズネット】()

普段、何気なしに業務で利用している「Microsoft 365」(旧「Office 365」)が、あなたの“働きぶり”を監視しているとしたら……?

【キーマンズネット】()

大手ECサイトで流通し、日本からも購入可能な激安Wi-Fiルーターにとある問題が見つかった。自宅で利用しているWi-Fiルーターは問題ないだろうか?

【キーマンズネット】()

CPUの「老舗」とも言えるIntel製CPUに新たな脆弱性が見つかり話題になっている。いったい、どういったものなのだろうか?

【ITmedia】()

Webブラウザのシェア情勢が徐々に変化しているという。その詳細とは。

【キーマンズネット】()

欧米を中心に世間を賑わせているディープフェイクが日本でも脅威となり始めた。一体、何が起こっているのだろうか?

【キーマンズネット】()

人気の広告ブロッカーがマルウェアに変貌してしまった。一体、何が起きたのだろうか――?

【キーマンズネット】()

ついに発売された新作iPhoneシリーズ。新作iPhoneがどれほど注目されているかが分かる統計が発表された。

【キーマンズネット】()

宅配業者を装った偽のショートメッセージを送る詐欺がさらなる進化を遂げている。その詳細とは?

【キーマンズネット】()

入出国の手続きで必要になる顔写真や指紋などの生体情報がダークウェブに流出してしまったという。なぜこの問題は起きてしまったのか。被害の全容は――?

【キーマンズネット】()

IBMは新たに量子コンピュータの開発ロードマップを公開した。最近よく聞く量子コンピュータだが、いったい何がどうすごいのだろうか?

【キーマンズネット】()

スマホやPCなどのデバイスと周辺機器を無線でつなぐ身近で便利な技術「Bluetooth」に新たな脆弱性が見つかった。対策を取らなけらばデバイスが乗っ取られてしまう可能性もあるという。

【キーマンズネット】()

コロナ禍の“おうち時間のお供”として世界中で売れ行きが好調なあのゲームが大統領選挙戦に使われるという。それっていったい?

【キーマンズネット】()

Wi-Fiの技術を使って、壁の向こう側にいる人を検知できる技術が発表された。その驚きの方法と役立つ利用方法を紹介する。

【キーマンズネット】()

「ヘイSiri!」「オッケーGoogle!」「Alexa!」などの“掛け声”でおなじみのAIアシスタント。その一つであるMicrosoftの「Cortana(コルタナ)」の存在を忘れてはいないだろうか。そのCortanaが今、終了の瀬戸際にある。

【キーマンズネット】()

Facebookのメッセージを悪用した乗っ取り被害が増加している。“簡単に引っ掛かってしまいそうになる”手口とは、一体?

【キーマンズネット】()

沈静化していたマルウェア「Emotet」が再び活動を活発化している。そんな中、何者かがEmotetを無力化し、悪意ゼロのファイルに置き換えているという。その詳細とは?

【キーマンズネット】()

コロナ禍で利用時間が急激に増えたあのアプリとは? 調査結果を紹介する。

【キーマンズネット】()

過去10年間に漏えいしたパスワードを調査したところ、多くの人が“あの危険なパスワード”を使っていたことが分かった。そのパスワードとは……。

【キーマンズネット】()

Webサイトの会員登録画面などでおなじみの認証「CAPTCHA」を悪用し、マルウェアに感染させる脅威が見つかった。その詳細とは?

【キーマンズネット】()

2020年、ついにFlashが20数年の歴史に幕を閉じる。Webサイト制作の新時代を築いたFlash、その誕生から終幕までを振り返りたい。

【キーマンズネット】()

IBMを皮切りに、Amazon、Microsoftが相次いで顔認識技術の提供を停止すると発表した。その理由とは。

【キーマンズネット】()

ランサムウェアといえば、2020年6月にホンダの社内システムが標的になった事件が記憶に新しい。そんな中、特定業種を狙った珍しい仕様を持ったランサムウェアが出現したという。

【キーマンズネット】()

Androidスマートフォンにかなり危険な脆弱性が見つかった。なんでも"全て"のアプリを装いユーザーのデータや認証を奪うことが可能という。その真相とは。

【キーマンズネット】()

ゲームのプレイ画面を見ただけで自動で再現するAIがあるという。誕生から40周年を迎えたパックマンでの研究結果を紹介する。

【キーマンズネット】()

作業中に届いたメールに返信、作業に集中しかけたところでチャットの通知が来てまた返信……。多くのビジネスパーソンは当然のようにマルチタスクで業務を遂行しているが、実は思わぬ危険性が潜んでいるという。

【キーマンズネット】()

長引くテレワークに対し、英国の研究者から「これまで仕事が人間に与えていた重要なメリットを失わせている」という指摘が上がっている。それって一体?

【キーマンズネット】()

緊急的にテレワークに移行したことで、スマートフォンを業務利用する人も少なくない。ウイルス禍でスマホを利用するには、消毒方法にもちょっとした注意が必要なようだ。

【キーマンズネット】()

テレワークで利用者が急増しているWeb会議ツールで、他人の顔に簡単になりすますツールが登場した。どのようなものなのだろうか。

【キーマンズネット】()

在宅ワーカーの中には静まり返る自宅での孤独な作業に寂しさを感じる人もいるのではないだろうか。そんな在宅ワーカーの孤独感を緩和する「心地よいサウンド」を提供するサイトが登場したという。

【キーマンズネット】()

テレワーク需要で急速にユーザーが拡大した「Zoom」に発見された脆弱性とは?

【キーマンズネット】()

テレワークで必要不可欠となりつつあるWeb会議ツール。子供や愛犬の声、軽食を食べる音など相手に聞かれたくないちょっとした雑音を消す機能があるという。

【キーマンズネット】()

多くのPCに搭載されている”あの”CPUで見つかった致命的な脆弱性とは?

【キーマンズネット】()

怪しいUSBメモリをPCに差し込まないのはセキュリティの基本だ。では、自前の外部機器とPCの接続に使うUSBケーブルにも気を遣えているだろうか? このほど、USBケーブルに偽装したハッキングツールに新バージョンが登場したという。

【キーマンズネット】()

公私ともに私たちの生活に欠かせない存在となったWi-Fi通信の暗号鍵を解析されるかもしれないという、世界で10億台のデバイスが該当する脆弱性が発見された。

【キーマンズネット】()

ビジネスパーソンの多くがストレスを感じる通勤時の満員電車を、ビッグデータ活用で解消する取り組みとは。

【キーマンズネット】()

Windows 7サポート終了と同時に日本には「働き方改革」の波が押し寄せた。中小企業を対象とした働き方改革とWindows 10移行に関する実態調査で明らかになった悲しい実情とは?

【キーマンズネット】()

ドローン実用化が進むと同時にテロや犯罪利用の懸念も高まる。妨害電波や銃で撃ち落とすなど動きを封じる従来の対策は、落下先での危険を伴う。米国が新たに採用した“安全”な不審ドローン対策とは?

【キーマンズネット】()

ユーザーのデバイスを守ってくれるアンチウイルス系セキュリティ対策ソフトの定番無料製品がユーザーの個人情報を規約とは異なる形で転売していたという。事件の詳細とは?

【キーマンズネット】()

スマホは今や生活に欠かせないツールだ。業務用のモバイルアプリも多数あり、業務連絡のついでについSNSを開いてしまう……なんてことも。あのGoogleが、そんなスマホ依存気味のわれわれを救ってくれるようだ。

【キーマンズネット】()

モバイルデバイスのロック解除や空港での入出国手続きなど、あらゆる場面で活用される顔認識技術。最近では、オフィスの入退室に用いる会社もある。この顔認識技術の活用が公共サービスに広がり”勝手に”顔を認識していたら、プライバシー問題が持ち上がるのも無理はない。

【二瓶 朗 , キーマンズネット】()

2020年になった。平穏無事に年を越したように思えたが、実は世界の一部で「2020年問題」が発生して関係者はてんやわんやだというではないか。

【キーマンズネット】()

かつて小さなモノクロドット液晶を内蔵したタマゴ型のゲーム端末を子どもから大人まで持ち歩いていた。エサやりだ、トイレ掃除だとゲーム中の仮想ペットが鳴らすアラート音が会議中に鳴り響いたのも良い思い出だ。

【キーマンズネット】()

生体認証技術の一つとして「顔認証」の普及が進んでいる。スマホに搭載されたりWindows 10でサポートされたりと身近になった。カメラに顔さえ映せばいいのだから、ユーザーとしても気楽な認証方式といえる。

【キーマンズネット】()

「麻薬王パブロ・エスコバル」をご存じだろうか。コロンビア最大の麻薬密売組織「メデジン・カルテル」を創設して、1987〜1993年には大富豪の1人として米『フォーブス』にも掲載された男だ。

【キーマンズネット】()

初代「Windows」リリースから30年以上、常にすぐに使えるアプリが付属してきた。「アクセサリ」と呼ばれることもあるが、決して「オマケ」などではなくどれも実用的であることはご存じの通り。

【キーマンズネット】()

5Gに熱い視線が注がれている。日本でも2020年春ごろに通信キャリアによる正式サービスの提供が予定される。高速で帯域幅が広く、遅延も少なく複数台がつながっても信頼性が高い、とにかく期待できる新たな通信規格だ。

【キーマンズネット】()

セキュリティ大手が次に目を付けたのは意外な分野だった。カスペルスキーが世に送り出す新しい「アンチ○○」って?

【キーマンズネット】()

FacebookやTwitterなど、SNSが生活の一部に定着した感がある。特に若者を中心に「もう使わない日常なんて考えられない」という人は少なくないのではないだろうか。だが社会問題も増えたわけで……。

【キーマンズネット】()

PCやサーバのストレージにSSD(ソリッドステートドライブ)が採用されるようになって数年が経過した。今後もデータが増えていくことは間違いないが、ストレージの素材にガラスを使う研究が進んでいる。

【キーマンズネット】()

「フェイクニュース(Fake News)」という単語が一般的になりつつある。日本語にすると「虚偽報道」とでも言うべきか。つまり「ウソのニュース」だ。できれば消え去ってもらいたい。

【キーマンズネット】()

突然「量子コンピュータ」の話題でIT業界が持ち切りだ。その計算力は従来のコンピュータを「古典コンピュータ」と称してしまうほどだが、誰も真の実力は分からなかった。Googleが「実証した」と言い出すまでは……。

【キーマンズネット】()

フロッピーディスク(FD)を知っている、触っていたという人は少なくはないだろうが、5インチFDや3.5インチFDではなく、8インチFDを活用していたという人は多くないのではないだろうか。

【キーマンズネット】()

最近は生体認証の発達と普及によってパスワードの入力が不要なシーンも見られる。しかし、まだまだパスワードから離れられないのが現実だ。パスワード不要の世界は来るのだろうか……。

【キーマンズネット】()

スマートフォンの文字入力方法はテンキーを使った「フリック入力」や「トグル入力」、ソフトウェアキーボードを使った「QWERTY入力」などがある。だが入力スピードなら物理的なキーボードの方が速いよね?

【キーマンズネット】()

クルマの「ながら運転」は危険だ。特にスマホを操作しながら運転していたことが原因の自動車事故が多発している。スマホのながら運転は飲酒運転よりもはるかに危険だと指摘する専門家もいるほどだ。

【キーマンズネット】()

活動量計やスマートウォッチに代表されるウェアラブルデバイスが普及したことで、毎日の行動を記録したり、かざすだけで電車や飛行機に乗れたりと、今まで不可能だったことが次々と可能になっている。だが、まさかこんなことまでウェアラブルデバイスで解決するとは夢にも思わなかったよ……。

【キーマンズネット】()

日本のマクドナルドの「スマイル0円」サービスに慣れてしまうと、海外店舗のクルーのそっけない態度にびっくりすることがある。今後、スマイルの購入が難しくなるかもしれない。

【キーマンズネット】()

電話を使った特殊詐欺、いわゆるオレオレ詐欺は、電話機の向こうにいる「自分の息子」の声にだまされてしまうというのが定石だ。ここに、いよいよAIが参入してしまったという。

【キーマンズネット】()

「われこそは、世界で唯一のサトシ・ナカモトである!」と宣言する人は世界中にいるようだ。だが名乗ってしまった結果、持っているかどうかが怪しい資産を差し出す羽目になった男がいる。人は一人では生きていけないのだから、友人は大事にしたいものだね。

【キーマンズネット】()

スマホで動画サイトやSNSにかぶりつきの子供たち。どう考えても心に悪影響がありそうだけれど、最新の研究成果はが斜め上の結論を導き出して話題に。もしかして、非デジタルネイティブ世代の妄想だった………? 真相やいかに。

【キーマンズネット】()

AmazonはEC事業を世界中で展開して成功を収めているが、実はクラウドサービス事業で大成功している企業でもある。だが性能向上に余念のないWebサービスに思いがけない弱点が発見された。

【キーマンズネット】()

全国の“往年のPCキッズ”たちがうれしくてうれしくて震える………? 「僕らのあのときの夢」をかなえるプロダクトがついに登場した。N-BASICのプログラムも打ち放題らしい。

【キーマンズネット】()

セキュリティやプライバシー保護にはかなり厳格な態度をとってきたAppleが、Siriの音声データを利用者の意図しない方法で使っていた可能性があるという。テロリストのスマホロックすら拒んできた会社が、まさかそんなことをするなんて。

【キーマンズネット】()

恐怖の電話か、イタズラ電話か。さまざまな発信元から、ある店にだけ不気味なイタズラ電話がかかる。その背景には賢くなりすぎたAIの影がちらつく………。さて真相は?

【キーマンズネット】()

1969年7月20日、アポロ11号が人類初の月面着陸に成功した。2019年の夏、人類が月面を歩いてから50周年を迎えるというわけだ。当時、生放送でテレビ中継もされたから、読者の中にはリアルタイムでその状況を見た人もいるかもしれない。

【キーマンズネット】()

企業がTwitterやInstagramなどに「公式アカウント」を作成し、情報を発信することは珍しいことではなくなった。だからこそ公式アカウントが奇妙な投稿を始めると「乗っ取りか?」なんて思ってしまうわけだ。

【キーマンズネット】()

ランサムウェアが猛威を振るっている。端的にいえば「身代金を要求するマルウェア」だ。PCなどを勝手にロックして「解除してほしければビットコインを支払え」と脅してくる。自治体は絶好のカモだ。

【キーマンズネット】()

1990年代終盤に登場した「USB」。PC周辺機器の接続インタフェースをほぼ統一した、ありがたい存在だ。同時にプラグアンドプレイも実現し、複数機器を接続するのも容易だ。最近はモバイル機器などに電力を供給するACアダプターのように使われることも少なくない。

【キーマンズネット】()

実は……という話でもないのだが、現在もエンタープライズITの現場で「磁気テープ」が使われている。「Linear Tape-Open(リニアテープオープン、LTO)」だ。

【キーマンズネット】()

言葉によるコミュニケーション手段をまだ取得していない赤ちゃんは、泣くことで何かを伝えようとする。泣き声に意味があるはずなのだが、それを読み取るのは難しい。

【キーマンズネット】()

日本国内の月間アクティブユーザー数は4500万人、世界ユーザー数は3億3500万人といわれる「Twitter」。だがTwitterを使っていると、読解力や暗記力が悪化する可能性があるとの研究成果が発表された。

【キーマンズネット】()

多種多様なサービスを使うとき、それぞれにIDとパスワードを設定する必要がある。パスワードを使いまわしてはいけないことは分かっているが、正直、面倒くさい。だから覚えやすいパスワードを設定していまうのだ。

【キーマンズネット】()

民泊という言葉を一般的にしたWebサービスの1つに「Airbnb」がある。個人宅などを中心に宿泊施設と泊りたい客とをマッチングするサービスだ。公式データによれば、191の国や地域で600万件以上の民泊施設が登録されている。

【キーマンズネット】()

「母さん? おれおれ、実は……」という古典的な手法から「元号が変わったのでキャッシュカードも交換です」という手法まで、特殊詐欺のバリエーションは多い。いずれも電話がきっかけになるというが、AIで撃退できるのだろうか。

【キーマンズネット】()

iPhoneの販売が伸び悩んでいるらしい。直近の業績が昨対5%減という発表もあったが市場は既に織り込み済み。むしろ発表後に株価が10ドルほど上昇した。それよりもiPhoneの性能に関する「詐称疑惑」が持ち上がっている。

【キーマンズネット】()

企業からのデータ漏えいの「主犯格」としてUSBメモリが糾弾されて久しい。カンタンに社内のデータを持ち出せるし、バックアップのつもりで重要データを保存したUSBメモリをウッカリ落としたり紛失したりもする。

【キーマンズネット】()

「アレクサ」と呼びかければLEDの点滅とともにAIアシスタント「Alexa」が起動し、音声コマンドでさまざまな操作を可能とするAmazonのスマートスピーカー「Echo」シリーズ。2018年第4四半期には全世界で1370万台も出荷されたそうだ。

【キーマンズネット】()

「健康診断を受けなきゃな」と思う人は少なくないはずだ。日頃の不摂生が明確になるし、何より自分で把握していない病気が発覚することもある。だが、医師も技師も知らないところで検査結果を改ざんできる可能性が指摘された。

【キーマンズネット】()

マルウェアが横行する今、セキュリティ対策ソフトをインストールして自己防衛する人は少なくない。だが、そこまで手が回らない”弱者”を狙うやからも存在する。悪意に満ちた「診断サービス」が発覚した。

【キーマンズネット】()

仕事で使うメールアドレスに「請求書」といった件名でメールが届くことがある。怪しい感じのExcelファイルも添付されていて「ああこれは開いたらダメなヤツだ」と多くの人は判断するだろう。だがGoogleとFacebookは、だまされた。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

むかしむかし、PCにOSをインストールするだけのイベントが成立する時代があったそうな。それが、いま再び形を変えて人気に。インストールしなくても良い時代に、私たちは、なぜこんなにもインストールしたいのでしょうか。

【キーマンズネット】()

PCに周辺機器を接続する手間を大きく軽減させた規格といえば「USB」だろう。正式名称は「Universal Serial Bus」だが誰も気にしていない。2019年2月に最新規格の「USB 3.2」の詳細が明らかになったと思ったら「USB4」も出てきた。

【キーマンズネット】()

マイクロソフトの方針が「Windows 10」を1つの完成型として定期的なアップデートを繰り返すことで「最新版」を提供するものになったのはご存じの通り。ここにきて新しいWindows投入というウワサがささやかれている。

【キーマンズネット】()

2020年に本格サービスが開始されるといわれる「第5世代移動通信システム」、いわゆる5G。超高速、超大容量、超大量接続、超低遅延が大きな特徴で期待される。だが深刻な脆弱(ぜいじゃく)性が見つかってしまった。

【キーマンズネット】()

Windowsのログオンや各種サービスの利用にパスワードが欠かせない。「8文字以上の大小文字と数字の組み合わせ」であることが多く、「記号の使用も必須」という場合もある。

【キーマンズネット】()

「IT長者」といえば誰を思い出すだろうか。Amazonのジェフ・ベゾス氏? Facebookのマーク・ザッカーバーグ氏? ソフトバンクの孫 正義氏? アリババのジャック・マー氏? いやいや、誰か忘れていないか?

【キーマンズネット】()

日本語版「Windows 3.1」が発売されたのが1993年のこと。国内のWindowsの普及はここから始まったともいえる。Windowsの黎明(れいめい)期を知っている人はどれほどいるだろうか?

【キーマンズネット】()

ほとんど耳にすることもなくなった「ブロードバンド」という言葉。「常時接続」というワードも懐かしい限りだ。憧れのネット環境を「ビービーしよう。」してくれたサービスが終わるらしい。

【キーマンズネット】()

フランス当局がGoogleに対して5000万ユーロの罰金支払いを命じた。同社は命令に応じる方針らしいが、全世界の売り上げからすると“はした金”に過ぎないのか?

【キーマンズネット】()

生物の習性や特徴が人間の生み出す技術に採用されることは少なくない。クモの糸に着想を得た超強力な人工糸、ハチドリの羽ばたきを応用したドローン、ヤモリの指先を模倣したテープ。今度はカエルの鳴き声がヒントになった。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

ここのところ頻繁にニュースのネタにされるファーウェイ。公式Twitterの新年のあいさつで大失態をしでかした担当者の命運やいかに?

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

Amazonは世界最大級のオンラインショッピングサイトだ。1994年の創立以来、成長を続け時価総額が1兆ドルを超えた。巨大なTech企業として誰もが認める存在となったが、そろそろ方針を転換する時期に差し掛かったのか?

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

米国では住民が不在だった場合、宅配便や小包を玄関口や軒下に置いていくことが少なくない。受取人のサインが必要だったとしてもポイと置いていかれることもある。当然、それを狙う不届き者もいるわけだ。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

スマホメーカーがマーケティング活動の一環として有名ブランドや人気キャラクターなどとコラボレーションすることは決して珍しいことではない。限定スマホは魅力的で購入者を増やす起爆剤となる。それが偽ブランドでも?

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

1990年代半ばに爆発的に普及した通信サービスが終焉(しゅうえん)を迎える。「ははん、ポケベルね」と思ったあなたは鋭い。しかしそれは半分正解で半分間違っている。

【キーマンズネット】()

まっとうな企業から正規に請け負った仕事をこなしていただけなのにテロリスト扱いされてしまった、という「ちょっと何言ってるのかよく分からない」事案が発生したそうで、話題になっている。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

iPhoneの弱点といえば、もはや「うっかり落下」「紛失」「盗難」ぐらいかと思う今日このごろ。だが、あるものに触れただけで突然、動かなくなってしまう弱点が発見された。Tech系情報サイト「iFixit」の発信が物議を醸している。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

Windows 10を使っていると、ときにどうにも理解できないエラーに悩まされる。その原因が1974年に開発されたあるものだと話題になっている。一体どういうことなのか?

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

Windowsアップデートを実行したら「Cドライブの空きが60GBも増えたぜ」。「俺もだ」「私もよ」。一体何が起きているのか。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

AIに「ゴミ箱の中では何を見つけられる?」と質問すると、一体何と答えるのだろうか。DARPA(米国防高等研究計画局)の研究が始まった。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

米カリフォルニア州で「IoT新法」ともいえる法律が成立したのは、ある意味で必然だった。メーカーに対して何を禁止したのか。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

Facebookのユーザー情報が流出した可能性あるというニュース。もしあなたがFacebookのユーザーだったとしたら何をするだろうか。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

レノボが製造する一部の製品には「バックドア」が仕込まれている。「またまた、どうせネットのウワサでしょ?」などと思うなかれ。同社の幹部がその事実を認めたのだ。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

「PCをのぞき見する」といえば、普通はディスプレイ上の「画面」を盗み見て表示内容を知ることを指す。だからこそ、のぞき見防止シートが有効な対策になる。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

近年、オフィスのドアは電磁ロックされ、非接触ICを内蔵したカードを使って解錠して出入りする会社も増えた。いわゆる「スマートロック」というヤツだ。入退室のログもキッチリ記録できる。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

各種センサーとAIを搭載した自動運転車は、自動車メーカーのみならずテック系企業も参入し、研究開発にシノギを削っている。テック系の最先鋒といえばグーグルであり、もちろん自動運転車の開発を進めていることがちょいちょい話題になっている。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

2018年1月、IntelのCPUに「Meltdown」や「Spectre」といった重大な脆弱(ぜいじゃく)性が発見されたことを覚えている人は多いだろう。セキュリティパッチが提供されたものの、適用するとシステムのパフォーマンスが下がるらしく、ちょっと気が重くなるような事件だった。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

海賊版サイトが物議を醸している。アニメや音楽、アプリなど対象となるのはいろいろあるが、特に漫画をそのままコピーして配布する海賊版サイトは大きな問題だ。雑誌は発売日前に、単行本も発売されるやいなや、まるっとコピーされて誰もが読める状況になっている。著作権なんて完全無視だ。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

ここのところ、日本における「サマータイム」導入が議論されている。ご存じのように、2020年に開催される東京五輪での各種競技において夏の暑さの影響が懸念されているからだ。確かに2018年の夏の暑さは、まさに酷暑という表現がふさわしい。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

「Wi-Fiが使いたかったから」という理由で、米カリフォルニア州パロ・アルトに住む1人の少年が逮捕された。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

スマホで通話したり通信したりするのに絶対欠かせない「SIMカード」。それを乗っ取ろうとする「SIMハイジャック」が横行している。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

誰しも、不治の病や不慮の事故で亡くなってしまうことはある。もちろん本人は無念だろうが、残された家族やパートナーにとっても、大切な人を失った傷を癒すにはある程度の時間が必要になるというものだ。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

最新のIT技術の導入にためらいを見せることが少ないお隣の国、中国。交差点で信号無視する人を街角の大型ディスプレイに瞬時に拡大表示したり、トイレのペーパーを一定量提供するのに顔認証技術を採用したりと話題には事欠かない。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

個人情報の流出問題などで何かと厳しい視線を集めているFacebook。CEOのザッカーバーグ氏が米上院議会の公聴会に呼び出され、スーツ姿でITのことをよく分かっていない議員に対して弁明する姿はちょっとした衝撃だった。どうやらFBIも動き出したようで事態はまだまだ終息する気配をみせない。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

奔放で刹那的な生き方は、若者の特権のようなもの。それ故に、若くして犯罪に手を染めてしまったり、いわゆる「不良」の烙印(らくいん)を押されてしまったりする少年少女は少なくない……はずだったのだが、今では少し話が違うようだ。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

サイバー攻撃による脅威は日々続き、その手口はますます複雑になっている。攻撃元は悪意あるハッカーだけでなく、国際テロリスト集団だったり、どこぞの国家のサイバー軍だったりする。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

「手を触れずにあなたのPCを破壊してみせましょう!」と唐突に言われても、にわかには信じ難い。だが、今のサイバー攻撃技術ならできないことでもなさそう……というか、できてしまった。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

すっかり生活範囲に定着した感のあるスマートスピーカー。呼びかけるだけで、ネットを検索したり家電を操作したり、ちょっとした話し相手にもなったりして、家族も同然というような家庭もあるかもしれない。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

スウェーデンは「世界一キャッシュレス化が進んだ国」と評価されるほど、日常生活から紙幣や硬貨が消えた。国民の3分の2が「キャッシュを使わなくても生活できる」と実感している。実際、2015年における同国内の支払い総額のうち現金が使われたのは2%だった。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

インターネットを使う限り、悪意のある第三者から攻撃を受けるのは当然のことで、自衛しなければならないのが昨今のセキュリティ事情だ。「悲しいけどこれ、現実なのよね」といったところか。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

Googleが最新技術やサービスを発表する年次イベント「Google I/O」が開催された。だが、2018年のそれは例年と大きく違う切り口で注目された。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

「PHS」を覚えているだろうか? 携帯電話が爆発的な普及を見せた1990年代半ば、その通信料金の安さから若者に支持されたあの通信端末だ。正式名は「Personal Handyphone System」。愛称は「ピッチ」だ。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

人間がテクノロジーを活用して生活を豊かにしていくのは当たり前の話となった。これからはペットが最新テクノロジーの恩恵を受ける時代が到来しそうだ。身近なペットであるイヌやネコで興味深い試みが進んでいる。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

ランサムウェアの被害は減るどころかますます増加している。個人だけでなく企業もターゲットになる傾向にあるのだが、最近では都市を狙うランサムウェアが増加中というではないか。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

ドローンに関するニュースは、途切れることなくWebサイトやテレビで取り上げられている。その多くはドローンを有効利用した前向きな話題だ。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

かつてIT業界に「ダウンサイジング」の嵐が巻き起こった。サーバやクライアントが小型化されてシステム規模が縮小されたのはもちろん、デスクトップPCもノートPCもどんどん小さくなり、ついでに予算も縮小されて……。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

現在、日本では少子高齢化によって労働力不足が発生している。特に飲食店業界ではその傾向が激しく、人手不足のために営業を停止せざる得ない事態に陥る店舗すらあるという。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

ビットコインを筆頭に、さまざまな仮想通貨が世を賑わせている。その価値は短期間で高騰し、もはや通貨というよりは投機の対象になってしまっている。「そもそも、存在意義って何だっけ?」と、よく分からない状況だ。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

 最近、RPA(ソフトウェアロボットによる業務自動化)が話題だ。それによって「ホワイトカラーの仕事が奪われるんじゃないか?」「AIのせいであの職業がなくなるのでは?」みたいな話が持ち上がることもある。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

Appleは2018年内に新型iPhoneを3機種投入するのだそうだ。もちろん、まだうわさに過ぎない。例年どおりとはいえ、毎年リリースされるiPhoneが新たなユーザーを開拓してきたのは間違いない。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

「痴漢冤罪(えんざい)」は電車通勤をするビジネスパーソンにとって大きな脅威だ。まったく身に覚えがないのに痴漢の加害者に仕立て上げられたなどという話を耳にすると、ただでさえ乗りたくない満員電車にもっと乗りたくなくなるというものだ。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

「IBMのメインフレームを購入した」と聞けば、「どこかの企業が導入したんだな」と思うのが普通だろう。個人がメインフレームを購入して自宅に据え置いたという話には耳を疑うしかない。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

「お天道さまが見ている」というフレーズがあるが、何がきっかけで悪事が露呈するかは分からないものだ。米アラスカ州アンカレッジに住むヤンソンという42歳の女性の隠し事が、意外なところから明らかになってしまった。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

「なお、このテープは自動的に消滅する」という、スパイ映画で定番の言い回し。エージェントへの指令が完了すると燃えて消滅するというアレは、手掛かりを残さないための便利な仕組みである。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

子どもたちが将来なりたい職業の上位にも登場する「YouTuber」。言わずもがな、日々動画を撮影しては編集し、それをYouTubeにアップして広告収入を手にする人々だ。ある程度の人気者となれば「インフルエンサー(影響力のある人)」として活躍できる。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

事件解決には目撃者の証言と動かぬ物的証拠が必要であるもの。ドイツで発生した殺人事件の裁判において、iPhoneに搭載されている「ヘルスケア」というアプリが意外な使われ方をしたと話題になっている。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

「インテル製CPUに深刻な欠陥が発見された」。2018年が明けて早々、こんなニュースが世界を駆け巡った。1月2日(現地時間)に米国のTech系ニュースサイト「The Register」が記事を公開するやいなや、世界中のメディアが取り上げる事態となった。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

「古くなったiPhoneは、動作が遅くなる何かが仕込まれているのでは?」という疑惑が持ち上がった。海外掲示板サイト「Reddit」に、「古いiPhoneのバッテリーを交換したら、体感レベルで速くなった」という投稿があったのだ。

【キーマンズネット】()
金曜Black★ピット:

2015年に不審なドローンが首相官邸に飛び込んだことがあったが、国土交通省が飛行ルールを定めたことによって事件はずいぶん減っている。それでも、ドローンとその操縦者がしでかした出来事は時々報道される。

【キーマンズネット】()
会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。