メディア
特集
» 2022年08月04日 07時00分 公開

名刺管理ツールの利用状況(2022年)/前編

企業における名刺管理の現状を知るべく、「名刺管理ツールの利用状況」に関する調査を実施した。前編となる本稿では、名刺管理手法、ツール導入目的、ツールの便利な点や不便な点を紹介する。

[キーマンズネット]

 キーマンズネットは2022年7月13〜26日にわたり「名刺管理ツールの利用状況」に関する調査を実施した。本調査では企業における名刺管理の現状を知るべく、名刺管理手法、ツール導入目的、ツールの便利な点や不便な点などを調査した。前編となる本稿では、2020年の前回調査とは大きく異なる結果が明らかになった。

進む名刺の企業管理……最も使われているツールは

 はじめに名刺の管理手法について聞いたところ「名刺フォルダで物理的に個人管理している」(49.5%)が最多で、次いで「会社で導入している名刺管理ツールで管理している」(25.9%)、「スマートフォンアプリを使って個人管理している」(16.5%)と続いた(図1)。

図1:名刺の管理手法

 この結果を2020年10月に実施した同様の調査と比較したところ、物理的な個人の管理が8.7ポイント、スマホアプリを使った個人の管理が4.4ポイントそれぞれ減少した。名刺管理ツールによる企業の管理が10.7ポイント増加しており、この2年で名刺管理ツールの企業導入が進んだのが分かる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。