メディア
特集
» 2015年12月01日 10時00分 公開

実際にやってみた、ソフトウェアによる「上書きデータ消去」実証レポートIT導入完全ガイド(4/7 ページ)

[酒井洋和,てんとまる社]

 今度は右上にあるメニューを触ってみる。まずは「Hexビューア」だ。これは実際のHDD上のセクタごとに書かれている情報が確認できる機能だ。

 まあ、見ただけでは何が書かれているのか分からないが、何かしらの情報は確かに書かれていることが見た目でも分かる。ちなみに、左上でセクタ番号が選択可能となっており、セクタの総数は1億を超えているようだ。せっかくなので、10万セクタの情報を表示し、後でデータが上書き消去されたかどうかを確認してみることにする。

 他にも「設定」をクリック。言語の設定だけでなく、消去中に同じ画面ばかりだと飽きてしまうためにスクリーンセイバーが設定できるような配慮も。

Hexビューアトップ画面 図14 Hexビューアトップ画面
10万セクタ選択画面 図15 10万セクタ選択画面
設定画面 図16 設定画面

 ここで、いよいよデータ消去を実行する。実行するためには、画面右下の「消去」アイコンをクリックする必要があり、実際にクリックすると「本当ですか?」と問いかけるメッセージが。そういわれるとちょっと自信がなくなり、画面キャプチャーできていない画面がないか再度確認する。問題なさそうなので「はい」をクリック。いよいよだ。

消去アイコン画面 図17 消去アイコン画面
アラート画面 図18 アラート画面

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。