ニュース
» 2019年01月31日 08時00分 公開

会議の実施状況と課題(2019年)/後編IT担当者300人に聞きました(2/3 ページ)

[キーマンズネット]

コストや時間が掛かっても“わが社”の出張会議が減らないワケ

 このように、まだ多数の企業が出張を伴う会議を実施しているが、交通費や移動時間が掛かり効率的とは言えない。そこに気付き、最近は、業務効率化の手段の一つとしてWeb会議やビデオ会議システムを導入する企業も増えつつある。対面型の出張会議を、Web会議やビデオ会議を活用した“遠隔型”の会議に切り替えようとする企業はどのくらいあるのだろうか。

 出張会議を実施する企業に対して「Web会議やビデオ会議へ切り替える予定の有無」を尋ねたところ、63.5%の企業が「計画がある」と回答した。続いて「検討中」は18.6%、計画が「ない」は17.9%という結果となった。まとめると、約8割強が遠隔型会議へ切り替えを計画しているようだ(図1)。

図1:Web会議やビデオ会議へ切り替える予定の有無 図1:Web会議やビデオ会議へ切り替える予定の有無

 最近は通信環境も整備され、遠隔会議ソリューションやサービスの質も向上している。Web会議やビデオ会議、テレプレゼンスソリューションなど対面型会議とほぼ変わらない質を提供するサービスがある中で、なぜあえて対面型の会議を選ぶのだろうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。