IT用語3分リーディング

「IT用語3分リーディング」の連載記事一覧です。

IT用語3分リーディング:

デジタル化とオフィス分散を背景に要件が緩和され、これまでシステム化が難しかった中小企業でも業務の効率化や生産性の向上が図れるようになる。

【キーマンズネット】()

「世界全体で取り組むべき課題」として国連サミットで採択されたのをきっかけに、DXやSTIなどテック系事業の市場に注目が集まる。

【キーマンズネット】()
IT用語3分リーディング:

ディズニーやMicrosoft、Facebookの事業展開によって一層注目されるメタバース。従来の仮想空間との違いとは。

【キーマンズネット】()
IT用語3分リーディング:

PPAPとは、メールに添付したファイルをパスワード付きZIP形式にしてパスワードを別送するセキュリティ手法を指す。課題が多い中でもビジネスのデファクトスタンダードとされてきたが、近年見直しの気運が高い。

【キーマンズネット】()

ウェルビーイングとは、心身ともに健康で社会的に充実している状態を表す概念。

【キーマンズネット】()
IT用語3分リーディング:

従業員が互いに感謝と報酬を贈り合うことで、従業員エンゲージメントの向上や企業風土のコントロール、コアバリュー経営に有効とされる。

【キーマンズネット】()
IT用語3分リーディング:

シンギュラリティは2045年に訪れるとされる。「AIが人間を超える」「人間の仕事が奪われる」などの声もあるが、企業のビジネス環境の変化は既に始まっている。

【キーマンズネット】()
IT用語3分リーディング:

モノのインターネット化によってプロダクトとITが融合し、産業分野のプロセス変革が進んでいる。

【キーマンズネット】()

タレントマネジメントは従業員の離職を防ぎ、人材の利活用効率を向上させる取り組みとして注目されている。雇用環境の変化に適応して人材の特性やスキルを戦略的に活用し、企業の生産性を高められる。

【キーマンズネット】()
IT用語3分リーディング:

ノーコードとは、コーディングのないプログラミングのこと。IT人材の不足を背景に、現場部門による開発に注目が集まっている。

【キーマンズネット】()
IT用語3分リーディング:

クラウドERPとは、企業の基幹業務を担うERP(Enterprise Resource Planning)システムをクラウドで提供するもの。ERPのモダナイズは「2025年問題」とも関連し、企業の喫緊の課題となっている。

【キーマンズネット】()
IT用語3分リーディング:

テキストマイニングとは、データマイニングのうち文章を対象としたものを指す。定性的な文章をAIなどで解析して定量的な情報を抽出する。

【キーマンズネット】()
会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。