メディア

まとめ読みeBook

「まとめ読みeBook」の連載記事一覧です。

脱Excelの移行先の有力候補としてノーコード開発ツールの「Smartsheet」がある。同ツールは、ExcelやスプレッドシートのようなUIを基本に、ノーコードによるプロセス自動化の機能やクラウドサービスならではのきめ細かい共有機能などが特徴だ。ツールの特徴や利用メリット、事例について米国本社のCEOに聞いた。

[キーマンズネット] ()

「ChatGPT」に始まり、Microsoftの「Copilot」やGoogleの「Bard」など、多くのテック企業が生成AIに本腰を入れている。一方のユーザー企業は、まだ活用にまでは至っていないのが現状だろう。実際に、仕事で生成AIを利用している人に障壁となったポイントを聞いた。

[キーマンズネット] ()

大手企業を中心に導入事例が増えている「Notion」。特にDX推進組織からの引き合いが多いという。Notionの特徴やDXで役立つポイント、実践者による導入成功の秘訣を解説する。

[キーマンズネット] ()

「人材育成」と「IT人材の不足」を課題に挙げる企業は多い。経営側、従業員側のどちらにも人気があるのがIT資格の取得だ。どのような課題があるのだろうか。どうやって取得すればよいのだろうか。

[キーマンズネット] ()

ITパスポートや基本情報技術者、AWS認定資格など、今、どの資格が人気なのだろうか。また、給与アップや案件獲得など“本当に役に立つ”資格は何だろうか。

[キーマンズネット] ()

コストや運用など、Microsoft 365にまつわる課題について読者調査を基に紹介する。読者に人気のプラン、月額利用料の相場、AI機能「Copilot」への所感など、読者の利用状況が浮き彫りになった。

[キーマンズネット] ()

本レポートでは、Copilot for Microsoft 365の基礎知識や各アプリケーションでのプロンプトの例、利用する前に知っておくべき注意点や設定の他、「Microsoft Ignite 2023」でのアップデート情報などをまとめた。

[キーマンズネット] ()

開発のスピード化や生産性向上など、それぞれ別の課題を抱える3つの組織。それらの解決のためにSlackをどう活用したのか。

[キーマンズネット] ()

選択肢が多いPCの調達方法はIT担当者の悩みの種だ。リースやレンタル、サブスクのメリット、デメリットは何だろうか。また、キーマンズネットの読者調査結果で分かった、人気メーカーや利用実態とは。

[キーマンズネット] ()

NTT東日本・NTT西日本が提供しているINSネット(ディジタル通信モード)サービスが2024年初頭に終了する。本ブックレットでは、EDIの基本やディジタル通信モード終了の詳細、クラウドEDIの基本や選び方、導入のコツ、移行状況に関する読者調査結果を解説する。

[キーマンズネット] ()

社員は必ずしもフルタイムでオフィスにいることを望んでいない。しかし、対面での仕事がメリットになる場合は出社が必要とも考えている。対面仕事のメリットを整理する。

[キーマンズネット] ()

ビジネスに生かせるデータが十分にあり、セルフサービスBIの登場によってユーザー部門でも容易にデータ分析ができるようになった。だが、思うようにデータ活用が進まないのはなぜか。

[キーマンズネット] ()

RPA(Robotic Process Automation)は普及期を迎え、多くの企業の効率化に貢献してきた。企業の中には、RPAを全社の業務プロセス変革の切り札として位置付け直し、その他の技術と組み合わせて業務自動化の取り組みを深化する動きも見られる。

[キーマンズネット] ()

大手企業を中心に導入社数を伸ばしている「Notion」。ベネッセ、サントリー、NTTデータ、Sansanの事例取材を基に、各社がNotionを導入した理由や導入効果や既存のコミュニケーションツールとの使い分けの方法、「Notion AI」の使いどころを見てみよう。

[キーマンズネット] ()

Excelの関数やショートカットで得られる効果はわずかだが、“チリツモ”で大幅な時短になる。読者に聞いた、よく使う、意外と使う「関数」と「ショートカット」を紹介する。

[キーマンズネット] ()

クラウドサービスの利点は、利用するにつれて改良が重ねられ、利便性が高まる点にある。ユーザーにとってはうれしいことだが、不満の声が止まないのはなぜか。

[キーマンズネット] ()

優秀な人材を逃す企業には幾つかの特徴があるようだ。人材が不足しがちな企業は何が悪いのだろうか。また、これからどのような対策を講じるべきだろうか。

[キーマンズネット] ()

ここ数年で急激に人気を集めている「Notion」。「万能メモアプリ」と称されることもあるが、具体的には何ができるのか。使い方やメリット、導入のポイント、事例、AI機能について徹底解説する。

[キーマンズネット] ()

なぜ多くの企業は定年退職者の採用を渋るのだろうか。また、ベテラン社員は定年後にどのような働き方を希望しているのだろうか。両者のホンネと実態に迫る。

[キーマンズネット] ()

「Microsoft 365」をコストとせず、投資に見合った対価を得るには、使い方だけでなく組織や従業員の理解を変えることも必要だ。本ブックレット(全24ページ)では、Microsoft 365のあるべき活用法を説明する。

[キーマンズネット] ()

多くの企業で深刻な課題となっているIT人材不足。キーマンズネットの大規模読者調査の結果から、人材が定着しない「ダメな企業」の典型例が見えてきた。

[キーマンズネット] ()

ある企業は、顧客の問い合わせ受付をするAIチャットbotを構築する際「ChatGPTは、とてもじゃないが採用できない」と判断した。ChatGPTの業務利用の是非をめぐる議論と事例、さらに「GPT-4」のリスクについて紹介する。

[キーマンズネット] ()

ERPの本質に気付くのに時間がかかった日本企業。一方、グローバル企業はいち早く本質に気が付き、グローバル競争力の向上を実現した。日本企業がERP導入にしくじった5大課題と解決策を示す。

[キーマンズネット] ()

VLOOKUPとXLOOKUP関数、ピボットテーブル、Power BIやPower Automateとの連携法など、Excelの基礎から応用例までを本ブックレット(全67ページ)で解説する。

[キーマンズネット] ()

ランサムウェア攻撃は企業が受けるサイバー攻撃として最も危険だといわれている。だが、敵を知り己を知ることで、攻撃を受ける前に備えることが可能だ。

[キーマンズネット] ()

「Microsoft 365」の便利さの裏では、ファイル共有やデータ管理などの面でさまざまなトラブルが起きている。企業で起こった困りごとの実例と対策を紹介する。

[キーマンズネット] ()

2016ごろ年からRPAは業務効率化の切り札として注目されてきたが、その活用実態やツールに対するニーズは時代とともに変化しているようだ。

[キーマンズネット] ()

上司と部下のすれ違いは頻繁に起きている。部下が会社を辞めないよう、上司が快適にマネジメントできるよう、参考になるエピソードを紹介する。

[キーマンズネット] ()

現在保有する資格や今狙っている資格、今後伸びる注目株、勤務先の資格支援制度に対して思うことなど、IT資格にまつわる3年分のアンケート調査結果をまとめたブックレット(全38ページ)を提供する。

[キーマンズネット] ()

企業のセキュリティを高める鍵は従業員の行動にある。気が付かないままSNSやメールで「ある行動」を取ると、サイバー犯罪者の標的になってしまう。どうすれば失敗しないで済むのか。自然体でサイバーセキュリティを高めるにはどうすればよいのだろうか。

[キーマンズネット] ()

スマートフォンなどから外線や内線を受電できる「クラウドPBX」。ある企業ではすでにコラボレーションツールとしてTeamsの利用が進んでいたが、Teams電話をあえて選ばず、Zoom Phoneを導入したという。どのような事情があるのだろうか。

[キーマンズネット] ()

部下が会社を辞めたりメンタルヘルスを悪化したりするのは、多くの上司にとって心が痛む出来事だろう。部下が会社を去った後に後悔しないため、従業員のメンタルヘルスを良好に保つため、今からできることはあるのだろうか。

[キーマンズネット] ()

「Microsoft 365」の導入後も、運用方法や利用の活性化など悩みが尽きない。ユーザーからよく聞かれる代表的なお悩み5選とその回答をブックレット(全40ページ)で紹介する。

[キーマンズネット] ()

誰でもアプリケーションを開発できるようになるとして期待を集めるノーコード/ローコード開発ツールだが、「EUCの悪夢がよみがえる」と不安を示す声もある。事例と利用状況の調査から、「かしこく利用する」ヒントを探る。

[キーマンズネット] ()

Excelは「ほぼ100%」の利用率を誇り、満足度も「まあまあ高い」一方で、依存状態から脱却した例も目立つ。キーマンズネット読者への定期アンケートの結果から、利用状況の変化が見て取れる。

[キーマンズネット] ()

「読めば会社で話したくなる!」をテーマに、キーマンズネット取材班が発表会や企業取材などなどで見聞きした面白くてためになる話を紹介します。

[キーマンズネット] ()
【11月の試験にまだ間に合う】:

ビジネスパーソンに人気のAI資格「G検定」。約2カ月間(本腰入れたのは20日)でG検定を取得した体験者による効率的な勉強方法やおすすめの参考書などをまとめた。11月の2022年第3回の試験に向けて何から始めたらいいのか。またG検定以外にもAIの基礎知識を身に付けられる資格も紹介する。

[キーマンズネット] ()

テレワーク監視ツールを利用する企業の過半数が従業員の「サボり」を発見したと、ある調査は報告した。テレワークのネガティブな要素を打ち消すにはどうしたらよいのか。

[キーマンズネット] ()

「読めば会社で話したくなる!」をテーマに、キーマンズネット取材班が発表会や企業取材などなどで見聞きした面白くて為になる話を紹介します。

[キーマンズネット] ()

Googleは突如、今までのパフォーマンス評価を廃止すると発表した。それにはGoogleなりの思惑が隠されていた。本ブックレットでは、Googleの人事事情にフォーカスする。

[キーマンズネット] ()

テレワーク環境は、情報漏えいやウイルス感染を招くさまざまなセキュリティリスクをはらんでいる。対策している企業でも見落としがちなポイントを専門家が総整理した。

[キーマンズネット] ()

ある企業ではRPAロボットの8割を事業部門の従業員が開発している。また別のある企業では2000人の従業員が高いモチベーションで業務改善に取り組んでいる。

[キーマンズネット] ()

2021年10月5日に「Windows 11」がリリースされてから半年以上が経過した。Windows 11をインストール可能なPCにはインストールを促すメッセージが表示されるが、業務システムが動作するかどうかの懸念もあり、業務用PCへの適用はまだ時間がかかるだろう。

[キーマンズネット] ()

やる気も退職意思もない「ゾンビ社員」は、やる気のある従業員に比べて“50倍近い悪影響”を企業に与えるという。従業員のやる気を引き上げる方法はあるのか。

[キーマンズネット] ()

一度退職した社員が「再雇用してほしい」と声をかけてきたらどうすべきか。「出戻り」(ブーメラン)社員に関する研究によると、再雇用しても良い場合と悪い場合がある。また、そもそもなぜ従業員は会社を辞めるのか。現代ならではの課題とは。

[キーマンズネット] ()

毎月のように何らかのアップデートや機能追加が行われている「Microsoft Teams」。Microsoft MVPの受賞歴を持つ“Teamsマスター”が本ブックレット(全44ページ)を通じて、業務のさまざまなシーンで「使える機能」や「お助けワザ」を紹介する。

[キーマンズネット] ()

「IoB」「エクストリームNaaS」「バイラテラルAI」など、2021年度に紹介した最新技術用語のうち、特に注目されたものをまとめて解説する。

[キーマンズネット] ()

有名大手企業はシステムが大規模で複雑になり、データ活用には相応のコストと時間が必要になる。花王、カプコン、中部電力、第一三共の“データドリブン基盤”構築の裏話から、実現のヒントを探る。

[キーマンズネット] ()

テレワークが常態化し、把握しづらくなった労働実態や給与戦略のトレンド、従業員の健康管理など、新たな時代の人事課題に対して取り組むべき施策とは。

[キーマンズネット] ()

令和3年度改正電子帳簿保存法の改正ポイントを整理するとともに、将来的なペーパーレス化やDXを見据えた対応の進め方をガイドする。

[キーマンズネット] ()

RPAの導入成果を上げる企業もあれば、「途中で断念した」「適用範囲が狭く、想定通りの効果を得られなかった」と嘆く企業も存在する。失敗企業と成功企業の差はどこで生まれるのか。

[キーマンズネット] ()

テレワークシフトによってプロジェクト管理の難易度は増している。その実態とプロジェクト管理ツールの利用状況をお伝えする。

[キーマンズネット] ()

誰もが知る大手企業も多くのシステムの課題を抱えている。楽天、カルビー、京セラ、オープンハウスの“泥沼業務”の改革秘話から、レガシーシステムから脱却するヒントを探る。

[キーマンズネット] ()

2022年も引き続きコロナ禍の影響によるテレワークの継続が予想される。テレワークでも生産性を向上させるには、ITツールの力だけでなく働き方に最適化した人事施策も必要だ。

[キーマンズネット] ()

「メタバース」「SDGs」「テキストマイニング」など、2021年に注目されたIT関連用語をまとめて解説する。

[キーマンズネット] ()

まずは足元の業務のデジタル化を目指そうとMicrosoft 365を契約するも、導入前と導入後でギャップを感じる企業もある。思い描いていた青写真はなぜ現実のものとならないのか。Microsoft 365が行き詰まる理由を本ブックレット(全26ページ)で解説する。

[キーマンズネット] ()

近年にわかに「ノーコード」「ローコード」という用語を聞くようになった。ノーコード/ローコード開発ツールのメリットや生かし方、導入状況や現状の課題を紹介する。

[キーマンズネット] ()

次世代OS「Windows 11」やWindows OSをSaaSで提供する「Windows 365 Cloud PC」を筆頭に、Microsoftはコロナ禍によるDXの推進を前提としたソリューションのリリースを続けている。ユーザーはこれらの変化にどう対応すべきか。

[キーマンズネット] ()

ワークシフトは従業員にとって良いことばかりとは限らない。いつでもどこでも仕事ができる状況になったからこそ、仕事のやりすぎでメンタル不調者が発生するといった場合もある。そうした状況を作らないためい会社として考えるべきこととは。

[キーマンズネット] ()

コロナ禍をきっかけに急速に普及したテレワークの課題が顕在化し、従業員から「オフィスに戻りたい」という声が出ている。ハラスメントや孤立といったテレワークの新たな課題とリスクに、企業はどう向き合うべきか。

[キーマンズネット] ()

公私ともに「Microsoft 365」を楽しみ、Microsoftの“お墨付き”を得た3人が、知っておきたいツールの基礎と今すぐ使えるテクニックを紹介する。

[キーマンズネット] ()

2021年5月11〜12日にかけて「AWS Summit Online 2021」が開催された。全150超の講演の中から、編集部が厳選した6セッションを紹介する。

[キーマンズネット] ()

「RPAの予算や人材を確保できない」「テレワークでロボットを管理しにくい」といった課題の解決策として「クラウドRPA」が提示されるようになった。クラウドRPAと一口に言ってもさまざまな形態のサービスが存在する。オンプレミスのサーバ型とは何が違うのか。どのようなタイプがあり、メリットやデメリットは何か。基礎知識を紹介する。

[キーマンズネット] ()

求められるIT人材になるには、時代のニーズにマッチしたスキルや技術を習得するとともに、自身の保有する能力を明確化することも必要だ。IT資格とプログラミングのトレンドをブックレット(全18ページ)にまとめ、提供する。

[キーマンズネット] ()

IT機器の回収や廃棄には、厳密な工程管理が求められている。にも関わらず、HDDの不正転売は後をたたない。どれほど仕組みを整えても、悪意ある内部犯は抜け道を見つけるためだ。過去の事例を基に、企業の責任範囲や対応のベストプラクティスを解説する。

[キーマンズネット] ()

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を背景に、テレワーク時代にフィットすると関心を集める「ジョブ型雇用」。今さら聞けないとなる前に、基礎知識やリスク、従来の雇用制度とうまく折り合いを付けて導入するポイント、企業の事例などを押さえておこう。

[キーマンズネット] ()

働き方や就労場所が多様化する中で“脱オンプレ”の動きが進む。ファイルサーバもそのうちの一つだ。ワークシフトを進める上でネックとやすいオンプレファイルサーバの今後をどう考えるべきか。脱ファイルサーバのポイントと企業の動きをまとめたブックレット(全17ページ)を提供する。

[キーマンズネット] ()
ブックレット:

RPA導入の成功と失敗の分岐点はどこにあるのか。RPAの業務適用に成功した3つの事例から、ニューノーマル(新常態)時代におけるビジネスのデジタル化/自動化成功のヒントを探る。

[キーマンズネット] ()

「Microsoft 365」に含まれるツールも合わせると、Microsoftが提供するツールは数知れない。本文ブックレット(全23ページ)では、その中から「Power Automate」「MyAnalytics」にフォーカスし、基本機能や仕組みについて解説する。

[キーマンズネット] ()

世界中がコロナ禍に振り回された2020年、混乱の中で企業におけるニューノーマル対応の差が広がっている。その差は今後、どのような結果をもたらすのか。7つのテーマから2021年のIT動向を占う。

[キーマンズネット] ()

コラボレーションから業務改善、セキュリティまで、幅広いシーンで使える機能を備える「Microsoft 365」。本ブックレット(全39ページ)を通して、Microsoft 365のプロがライセンスをフル活用するワザを伝授する。

[キーマンズネット] ()

2020年、コロナ禍の影響で企業のあり方は大きく変化した。以前から取り上げられていた働き方改革に加え、働き方はどう変化したか、そしてこれからどうなるのかを取り扱った記事をまとめて紹介する。

[キーマンズネット] ()

RPAは定型業務の自動化によってナレッジワーカーの業務効率を改善する「切り札」として注目されてきた。2020年、コロナ禍で働き方が激変する中で、RPAはどのように浸透したか。アンケート調査結果をブックレット(全22ページ)にまとめて提供する。

[キーマンズネット] ()

働き方だけでなく、バックオフィス部門のニューノーマル対応も急がれる中、「脱、紙・ハンコ」もそろそろ本腰を入れて考えていかなければならない。本ブックレット(全14ページ)では「電子契約」「ワークフロー」について基礎を解説する。

[キーマンズネット] ()

テレワークや働き方改革の推進と併せて人事業務の見直しも進んでいる。HRTechはどのような役割を果たすのか、基礎から解説する。

[キーマンズネット] ()
ブックレット:

バックオフィス業務の改革が日本国内でも本格化しつつある。企業法務が担ってきた手間がかかる業務もAIやクラウドの力を借りた自動化や効率化が進み始めた。法務部門の働き方を変えた企業各社の取り組み事例をまとめた。

[キーマンズネット] ()

「Office 365」が「Microsoft 365」になってライセンスプランはどう変わったのか。Office 365/Microsoft 365を含むオフィススイートの利用率は2019年と比較してどう変わったのか。無料ブックレット(全18ページ)で解説する。

[キーマンズネット] ()

COVID-19の影響で突然訪れた全社的なテレワーク対応。従業員は何を思い働いていたのだろうか。編集部が緊急事態宣言期間中に大規模な読者調査を実施したところ、思わぬ課題や今後のテレワークへの教訓が明らかとなった。

[キーマンズネット] ()

平成が終わり、令和になったいま、ようやく世の中が「脱・昭和」を本格的に検討し始めた。平成の30年間で発達した情報技術を活用したら、物理的なモノや位置といった昭和の制約からどこまで開放されるだろうか。先行する企業の5つの事例、運用の経験則から実践方法を学ぶ。

[キーマンズネット] ()

「Office 365」(Microsoft 365)のツールやサービスの利用を組織に広めるにはどういった手だてを講じる必要があるか。Office 365の導入のプロによる解説を無料ブックレット(全28ページ)にまとめて提供する。

[キーマンズネット] ()

緊急事態宣言が発出される以前と解除後とでは、私たちの意識にどんな違いが生まれただろうか。2つのテーマで実施した読者調査から、過去を振り返り、今後の課題を見ていく。

[キーマンズネット] ()

テレワークで需要が増加しているノートPC。端末のライフサイクルマネジメントについて、IT担当者が押さえておきたいポイントを1本のブックレットにまとめてお届けする。

[キーマンズネット] ()

テレワークで必須のアイテムとなったWeb会議ツール、ビジネスチャット。中でも人気の2製品について特徴や使い勝手をまとめた。テレワーク環境整備の参考にしてほしい。

[キーマンズネット] ()

リモートワークで自由な時間が増えたなら検討したいのが、「自分磨き」だ。読者はどんなスキルアップを考えているだろうか。キーマンズネットが実施した「IT資格の取得状況」に関するアンケート調査を無料ブックレット(全24ページ)にして提供する。

[キーマンズネット] ()

自動運転を安全に実現するために、どういった技術が提案されているのだろうか。地図情報や測位技術、あるいは自動運転車両同士の進路最適化など、実用化に向けた検証が進む4つの技術をまとめて紹介する。

[キーマンズネット] ()

2020年は「5G元年」にといわれ、商用サービスの本格展開に向けた準備が進みつつある。5Gが本格的に始まる前に、押さえておきたい基礎知識を無料ブックレットにまとめた。

[キーマンズネット] ()

読者に聞いた「データ活用」の本当のところ。データ活用といっても、そのもとになるデータのありかを全て把握できている企業はどのくらいあるのだろうか。IT化やデジタル変革が叫ばれる中、実際の日本企業の「足元」はどのくらい準備ができているだろうか。調査では二極化する企業の実態が明らかになった。

[キーマンズネット] ()

キーマンズネットが実施した「Office 365とG Suite」「グループウェア」に関するアンケート調査を無料ブックレット(全20ページ)にして提供。

[キーマンズネット] ()
RPAの効果を高める技術3選:

RPA(Robotic Process AUtomation)の活用が進むにつれて関心を集める「AI-OCR」「音声認識技術」「プロセスマイニング」。何となく知ってはいる、聞いたことはあるけれど、本当に使えるの? 気になる方にぜひ読んでいただきたい基礎入門。

[キーマンズネット] ()

プロセスマイニングは、ヒアリングや業務分析に頼らず、実態に即して業務プロセスを改善する際の決め手となる手法だ。プロセスマイニングの概要、従来の手法との違い、実際の使い方を一度に確認できるブックレットを紹介する。

[キーマンズネット] ()

時代も令和になり、そろそろ旧態依然とした非効率な働き方から脱却しなければならない。本ブックレットでは、大手2社が全社一丸となって取り組んだ業務改革のストーリーを紹介する。

[キーマンズネット] ()

「RPAを導入したのに効果が出ない」「RPAの運用が予想以上に重労働だ」「ロボットが止まって仕事にならない」といった悩みを抱えるケースは少なくありません。RPA導入で企業がはまりやすい落とし穴やリスク、導入や運用のポイント、最新のAI連携事例を専門家が解説します。

[キーマンズネット] ()
ブックレット:

業界再編、関連会社の統廃合、市場変化やマネジメントの刷新と、企業を取り巻く環境に落ち着く暇はない。この環境変化に、限られた時間と予算でどう知恵を絞るのか。3社の実例を紹介する。

[キーマンズネット] ()
ブックレット:

ビジネス現場でAIの導入検討が進む。まだAIを使いこなせない企業にとって「どこでどのAIをどう使うか」は想像し難く、有効な活用策を見いだせない状況だ。そこでブックレットではAI活用先進企業3社による具体的なAI活用事例とその手法、効果を紹介する。

[キーマンズネット] ()
ブックレット:

「今日も部下が残業している」「部下をダメにする発言をしていないか?」「パワハラで訴えられないか心配で、うまく叱れない」「柔軟な働き方をする従業員のマネジメントって?」――こんな悩みや疑問を抱える方に、明日から実践できるヒントをお伝えします。

[キーマンズネット] ()
ブックレット:

エンタープライズ向けサーバOSとしての完成度の高さから、多くの企業が導入したWindows Server 2008/2008 R2。サポート終了まであと1年を切った今、何をどう対策すべきだろうか。問題点と対策をまとめて解説する。

[キーマンズネット] ()

ディー・エヌ・エー(DeNA)はRPAを2017年6月に導入した。外部コンサルタントに頼らず、社内リソースでRPAの活用を定着させたことが大きな特徴だ。同社はどのようにRPAを運用しているのか。

[キーマンズネット] ()
ブックレット:

簡単だと思われがちな今回の改元に伴うシステム対応。余裕の表情を見せる企業に対して経済産業省は警鐘を鳴らした。本ブックレットでは、押さえておきたい対応項目をまとめた一覧表を基に説明する。

[キーマンズネット] ()
ブックレット:

「Office 365」や「G Suite」の登場により、オフィススイートの在り方は大きく変わろうとしている。もはやオフィスソフトという言葉ではくくれない「Office 365」と「G Suite」。今回は、基礎解説と導入のポイントについて説明しよう。

[キーマンズネット] ()

RPA(Robotic Process Automation)は、現場業務をどう省力化、合理化できるかといった課題に、大規模開発やシステム改修のリードタイムはかけられないという場合の選択肢として注目されている。

[キーマンズネット] ()
会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。