IT担当者300人に聞きました

業務課題、注目のITツール……。話題には上るけれど、実際のところはどうなのか。キーマンズネット会員の声で知る、隣のカイシャのIT事情。読者のホンネを紹介します。

コロナ禍によって人材に関する課題感が大きく変わった。対応を進める企業と立ち止まる企業、変化について行けない従業員などの悲喜こもごもの意見が寄せられた。

【キーマンズネット】()

テレワークシフトによってプロジェクト管理の難易度は増している。PMのタスク管理や進捗管理を支援するものとしてプロジェクト管理ツールがあるが、その導入率は29.1%と決して高くはない。ツールに対する読者の“不満”から、プロジェクト管理ツールの導入障壁が見えてきた。

【キーマンズネット】()

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を背景とした働く環境の変化によって、プロジェクトの進捗管理やタスク管理の難易度は増している。テレワークシフトによって生じたプロジェクト管理のトラブルとは。

【キーマンズネット】()

後編では、現場で実際に発生したIT資産管理にまつわるトラブル事例や、今後ツールに期待する機能や意見を中心に現場の生の声を紹介する。ツールへ期待することとして、Microsoft製品の対応に関する声も見られた。

【キーマンズネット】()

今後、従業員が各所に分散した働き方がさらに進めば、PCなどの端末管理手法も働き方に合った最適な方法を考えなければならない。それを支援するツールの一つにIT資産管理ツールがある。

【キーマンズネット】()

テレワークの普及によって標的型攻撃の手法も「進化」しており、企業の対策といたちごっこになっている。システム導入と並行して従業員のセキュリティ意識向上にも取り組む必要がある中で「つい開いてしまう」メールによるヒヤリハットが続いていることも分かった。

【キーマンズネット】()

テレワークの定着によって標的型攻撃がどのように「進化」しているのか、企業の対策はどの程度進んでいるのかを調査したところ、全体的には明確な進歩が見られる一方で「狙い目」になっている可能性のある企業も見えた。

【キーマンズネット】()

プログラミングのスキルがない事業部門の担当者が自らアプリケーションを開発できるとして注目が集まるノーコード/ローコード開発ツールだが、企業ではどのようなシーンで活用されているのだろうか。開発作業者の「所属部門」や「コーディングスキルのレベル」「開発スキルの教育・習得方法」「開発しているアプリケーション」「パッケージ製品とのすみ分け方法」などを調査した。

【キーマンズネット】()

プログラミングのスキルがない事業部門の担当者が自らアプリケーションを開発できるとして注目が集まるノーコード/ローコード開発ツールだが、その評価は2分するようだ。どれほど導入が進んでいるのか。

【キーマンズネット】()

大手企業が「ジョブ型雇用」を採用するなど、働き方だけでなく雇用形態も多様化しつつある。多様な雇用形態が広く受け入れられれば、勤怠管理の在り方についても考えていかなければならない。

【キーマンズネット】()

残業時間の上限規制における中小企業の猶予期間終了、コロナ禍をきっかけとした就労形態の多様化など、勤怠管理手法を見直す時期に来ている。企業の対応はどこまで進んでいるのか。

【キーマンズネット】()

人材の獲得競争が激化する中でも、従来の採用手法を変えない企業が目立つ。いち早く採用業務のデジタル化を進める企業が課題の解消とコストの最適化を実現しつつある。

【キーマンズネット】()

優秀な人材の獲得競争が激化している。新卒採用、キャリア採用ともに応募のチャネルや選考方法が多様化する一方で、選考の手法はアナログのままになっていないだろうか。人材の獲得に苦心する企業に共通の課題とは。

【キーマンズネット】()

ペーパーレス化の促進に寄与するとされる「電子帳簿保存法」だが、企業の対応は進んでいるのだろうか。対応状況や期待感、法律の認知度などを聞いた。電帳法に対する企業のリアルな“所感”とは。

【キーマンズネット】()

面倒な作業だが必ず発生する経費精算業務。緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の期間中は、出社前提の経費精算のフローを変えるべきという機運があるが、現状はどうか。

【キーマンズネット】()

ビジネス環境においても厳しい情勢が続くが、そのような状況下でも何とかビジネスを回して前に進まなければならない。営業部門を支えるツールとしてSFA(営業支援システム)があるが、現場での導入、利活用はどこまで進んでいるのか。活用できてないのであれば何が問題か。

【キーマンズネット】()

営業部門においてもデジタル化の波が訪れている。インサイドセールスが活動の軸となりつつある現在、SFA(営業支援システム)の導入と、SaaS化はどこまで進んだのか。

【キーマンズネット】()

文書管理に関するさまざまな声から、企業規模別に共通する課題点が見えた。複数企業の例から、課題解決のヒントを探る。

【キーマンズネット】()

2017年に実施した前回調査と比較してビジネス文書の活用意識が高まっていることと企業内では活用が進んでいること、一方で日常業務には課題が残り、現場は混乱と不満の中で業務を続けている様子が見えた。

【キーマンズネット】()

RPA(Robotic Process Automation)がブームになった当初は、現場が草の根的に導入し、成果を出せることが話題となったが、現実は簡単ではないようだ。読者調査から読み解く。

【キーマンズネット】()

幻滅期を抜けたとされるRPA(Robotic Process Automation)だが、導入状況はどう推移しているのか。テレワークへのシフトが急激に進んだ今、RPAの導入や活用にどのような影響が出ているのか。「RPAの今」を読者調査から読み解く。

【キーマンズネット】()

Web会議ツールを使った非対面コミュニケーションにも慣れてきた頃ではないだろうか。そうした“慣れ”からくる気の緩みが思わぬ失敗につながる時もある。後編では、そうしたWeb会議の失敗談を集めた。中には、想像もつかないような失敗をした人もいた。

【キーマンズネット】()

Web会議ツールを使った非対面での会議体が当たり前になりつつあるが、対面型の会議とは異なる課題が存在する。前編では、Web会議ツールの利用状況を概観するとともに、アンケート調査から得た、Web会議ツールに対する不満、ストレスを感じるポイントを紹介する。

【キーマンズネット】()

業務のリモート化が進む中で、リモート環境による働きにくさ、不便、不満の声も聞かれる。リモート環境下で業務を進める従業員はどういうところに、ストレスを感じているのか。アンケート回答から、3つの不満ポイントが見えてきた。

【キーマンズネット】()

VPNやVDIに代表されるリモートアクセス手段。前編では、リモート接続する機会の有無やセキュリティ課題などに焦点を当て、業務のリモート化の状況と起こり得るセキュリティ被害、対策に必要な視点について考察する。

【キーマンズネット】()

2019年調査に実施した前回調査の傾向が順調に推移し、ワークフロー専用ツール”離れ”が起きている様子がある。このまま「オワコン化」するのか? 企業規模によって異なる、ワークフローツールの在るべき姿とは。

【キーマンズネット】()

大企業を中心に脱Excel、ペーパーレス化が進み、ワークフローはシステム化されつつある。しかし一方で、ニューノーマル対応の足かせとなっているという声もあり、ユーザーの不満は増加している。ワークフローツール”離れ”の兆候か?

【キーマンズネット】()

MicrosoftとGoogleがそれぞれ提供するオフィスツールはどの程度定着しているのか、ユーザーは同ツールをどのように利用しているのかを機能や活用事例別に調査した。

【キーマンズネット】()

MicrosoftとGoogleがそれぞれ提供するオフィスツールはどの程度定着しているのか、ユーザーは同ツールをどのように感じているのかを調査した。ロックインが進む中で「不満はあるが変えられない」といった声が見られた。

【キーマンズネット】()

オフィスでの勤務が中心だったコロナ禍以前は、物理的に接していたため、働きぶりや就労状況がある程度は把握できてはいたが、テレワークを中心とした就労環境にシフトすると、それが一気に“見えなく”なった。それによって、企業は新たな人事問題に直面している。

【キーマンズネット】()

コロナ禍でビジネス情勢が不安定な中、より組織的な人事戦略が求められる。そうした環境下で人事・人材管理システムの利用状況は過去と比べてどう変化したのか。アンケート調査からシステム利用状況の変化を探る。

【キーマンズネット】()

多くの企業が共通して「紙帳票の運用問題」に対してデジタル化でアプローチしている。一方で帳票をデジタル化したからこその課題も顕在化していた。帳票に関する課題は本当にデジタル化で解消できるのか?

【キーマンズネット】()

帳票のデジタル化が進んでいる。一方、コロナ禍にも関わらず「紙運用が増加している」ビジネス領域があった。その理由とは。

【キーマンズネット】()

コロナ禍において働き方の大きな変化が起きている。普及が進むSaaSは、本当にニューノーマルを支えているのか。活用企業の本音と課題、今後の見通しを探った。

【キーマンズネット】()

DXや働き方改革を支援するツールとして、SaaSアプリの普及が進んでいる。その動きにコロナ禍が拍車を掛けた。最新の調査によって、現在の利用状況やどのようなSaaSが注目を集めつつあるかが明らかになった。

【キーマンズネット】()

後編はクラウドストレージの利用状況に焦点を当てて深堀していく。現在、クラウドストレージを利用、ファイルサーバと併用しているとした人に対して、利用しているサービスを尋ねたところ、あのサービスが過半数を占めた。

【キーマンズネット】()

コロナ禍により、ファイルサーバの運用を見直す“脱ファイルサーバ”の動きが見られる中、ファイルサーバの利用実態をアンケート調査から探る。そして、実際に現場で起きたファイルサーバ、クラウドストレージにまつわる“怖い話”を紹介する。

【キーマンズネット】()

コロナ禍によるテレワーク対応などが始まってからおよそ1年。会議の実施状況はどう変化しているのだろうか。以前よりも具体化した会議に関する不満などに焦点を当て紹介したい。

【キーマンズネット】()

コロナ禍によるテレワーク対応などが始まってからおよそ1年。会議の実施状況はどう変化しているのだろうか。以前よりも具体化した会議に関する不満などに焦点を当て紹介したい。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

2020年は、突然のテレワークでやむを得ず私物の端末を業務に利用する機会が増えたのではないだろうか。BYODの実態調査によって見えた、企業のルールと個人の意識、現実の状況とは。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

2020年は急なテレワークのために、どうしても個人の端末を使わざるを得ないケースがあった。それでは今後、BYODはどうなっていくべきだろうか。コロナ禍中のトラブルや、そこから見えるBYODのメリットとデメリットについて調査した。

【キーマンズネット】()

前編ではIT資格の保有状況や保有する資格に焦点を当てて調査結果を紹介したが、後編ではコロナ禍で先行きが不透明な時代においてIT資格を取得する意味、そして2021年に注目されるであろう資格を読者に尋ねた結果をまとめた。

【キーマンズネット】()

2020年はコロナ一色の1年だったが、IT資格の保有状況に何か影響はあったのだろうか。また読者が今狙っている資格はどれか。アンケート調査を基に、IT資格取得の今をお伝えする。

【キーマンズネット】()

キーマンズネット編集部は、「標的型攻撃の対策状況」に関する調査を実施した。標的型攻撃の現況を2019年と比較して紹介しつつ、標的型攻撃対策のIT活用状況などについて紹介したい。

【キーマンズネット】()

キーマンズネット編集部は、「標的型攻撃の対策状況」に関する調査を実施した。標的型攻撃の現況を2019年と比較して紹介しつつ、回答者に実際に送られてきた標的型攻撃メールの回答を紹介したい。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

テレワークの普及によって電話やFAXといった「オフィスに出勤することを前提とした情報機器」の利用状況が変化している。廃止を望む一方で「信じられないほどのレガシー資産」が未だに使われ続けている現状が見えた。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

テレワークの普及によって電話やFAXといった「オフィスに出勤することを前提とした情報機器」の利用状況が変化している。これらを廃止したいと考える企業が一定割合ある一方で、根強く「廃止できない」と考える企業も目立つ。

【キーマンズネット】()

後編では、利用している名刺管理ツールやアプリの「良いところ」「ダメなところ」を読者に尋ねた。ツールやアプリに一番ストレスを感じている点とは。

【キーマンズネット】()

時節柄、対面での商談や打ち合わせがオンラインに切り替わるケースもある中で、名刺情報の管理はどのようにしているのだろうか。名刺管理方法と名刺交換の今をアンケート結果から探る。

【キーマンズネット】()

ID/パスワード管理システムの導入意向を調査したところ、その意志は低い傾向が明らかとなった。その背景にはWebブラウザの進化があるようだ。

【キーマンズネット】()

キーマンズネット会員を対象にアンケート調査を実施したところ、テレワークにより業務利用するIDが増加傾向にあること、それに伴うID/パスワード管理の課題が明らかとなった。

【キーマンズネット】()

「法制度がデジタル化とペーパーレスにもっと本気で取り組んでいれば……」。コロナ禍を経験した読者に経費精算の課題を聞いたところ、出社などの課題の他に、法的な「紙」縛りのルールが思わぬ社内分断を招いている状況が明らかになった。

【ITmedia】()

経費精算システムの満足度を調査したところ、やや不満が増加。紙とシステムの中間運用の企業では申請タイミングが遅れやすい傾向や、在宅勤務になった結果、出社する必要に迫られるという不思議な状況も見えてきた。

【キーマンズネット】()

COVID-19の流行によって企業の働き方は大きく様変わりしたが、COVID-19の流行以前と以後でコミュニケーション、情報共有方法はどのように変わったか。読者に尋ねた。

【キーマンズネット】()

パンデミックによるテレワークの急速な普及に伴い、ビジネスコミュニケーションの形も変化を見せる。ビジネスチャットやメッセージアプリはどこまで普及したのだろうか。読者が最も利用しているツールは何か。アンケート調査の結果からコミュニケーションツール活用の現状を見る。

【キーマンズネット】()

テレワークで残業時間の管理はどう変化したのだろうか。現場からは上長や経営層のやり方に不満を抱く声、管理側からは現場の実態を把握できないという困惑の声が寄せられた。双方の溝は大きいようだ。

【キーマンズネット】()

テレワークにおいて勤怠管理はどう変化したのだろうか。在宅勤務でも稼働時間を記録可能なシステムの導入率が増加しているものの、思わぬ不満の声が寄せられた。

【キーマンズネット】()

テレワーク制度導入で、会議、出張、どうなった? 調べてみたら、2割の企業がやむなく出張会議を決行、Web会議導入で効率ダウンなど、一筋縄では行かない厄介な問題が見えてきた。

【キーマンズネット】()

2020年1月と比較して今の会議の実施状況はどう変化したかをアンケート調査。全体としては会議時間が短くなる傾向が見えたが、時間が短縮したことがそのまま生産性アップにつながっているかは疑問が残る結果となった。

【キーマンズネット】()

後編では、Office 365/Microsoft 365とG Suiteの機能の認知度および利用率について調査した。WordやExcel、G Mailといった有名ツールを除き、トップそしてワースト1位になった機能とは?

【キーマンズネット】()

本調査でOffice 365とG Suiteにまつわるテレワーク時のトラブルを尋ねたところ、大きく3つの問題が見えてきた。

【キーマンズネット】()

緊急テレワーク対応で企業のIT予算はどう変化したか。キーマンズネットの調査では、対応を急ぐために他の予算をテレワーク対応に割り振ったり、今後の計画を見直すといった意見が寄せられた。

【キーマンズネット】()

感染症拡大を受けたテレワーク要請に対応できた企業は4社に1社だけだった。

【キーマンズネット】()

後編では、利用しているグループウェアに対する不満や使う機能、使わない機能について尋ねた。テレワーク実施中においてグループウェアのどういったところに不満を感じるのだろうか。

【キーマンズネット】()

グループウェア市場にはさまざまなプレイヤーが存在し、製品やサービスも多様化している。現在最も利用されているグループウェアを探るために、勤務先で利用しているグループウェアを読者に尋ねたところ、2019年の順位と比べて変化があった。

【キーマンズネット】()

「テレワークの利用ツール」に関する調査では、テレワークで使い始めたツールの中でもWeb会議やビジネスチャットといったコミュニケーションツールが新規導入、利用で人気を集めていることが分かった。

【ITmedia】()

「テレワークの利用ツール」に関する調査では、テレワークに取り組んだ回答者の3割が生産性の低下を感じていることが分かった。テレワークで使いたくないツールを聞いたところ、働きづらさを感じる理由も見えてきた。

【キーマンズネット】()

企業内にある帳票類のデジタル化は、実は「コスト削減」しか考慮していないケースがあるようだ。コスト削減だけを目的に最低限のデータ化しかしていない場合は、今後のDXや事業継続性に影響が出てくる可能性がある。

【キーマンズネット】()

ハンコ文化はどこまでわれわれを苦しめるのだろうか。デジタル化できていない帳票の領域を見てみると、自社だけでは動けない日本企業のジレンマが見えてきた。

【キーマンズネット】()

前編では無線LANの導入率は年々増加する傾向にあることに触れたが、後編では運用状況について尋ねた。2018年と同様まだ浸透が見られないクラウド型無線LANだが、その理由とは?

【キーマンズネット】()

2019年は、無線LANのセキュリティ対策はまだ旧来型の対策から抜け切れていない現状が見て取れたが、1年たってその傾向は変わったのだろうか。また、いわゆる「Wi-Fi 6」と呼ばれ、標準化の完了が待たれる802.11axだが、運用している無線LAN規格の動向はどう変わったのか。

【キーマンズネット】()

働き方改革の文脈で注目が集まっている「従業員満足度」。読者アンケートからは実施側の経営層と受け取り手の従業員間で、大きな溝があることが分かった。

【キーマンズネット】()

アンケート結果では、人事・人材管理システムの導入率は7割を超えた。その一方で、リモートワークなど多様な勤務体系の管理への課題も明らかになり始めたようだ。

【キーマンズネット】()

防疫などを理由に全国の企業がかつてない規模で従業員のテレワークを実施しつつある。体験者に「現時点でのテレワーク業務の課題」を聞いてみたところ、設備やルール以外に、予想外の問題が生じていることが分かった。

【キーマンズネット】()

有事の事業継続のために、あるいは公共衛生のために、従業員がオフィスに出勤せずに業務を遂行する際に有効とされる「テレワーク」。日本国内での感染症り患者の拡大を受けて多くの企業が対応に追われているところだが、実際にどの程度の環境が整備できているのだろうか。アンケートで生の声を集めた。

【キーマンズネット】()

後編では、出張会議の有無やテレワークに焦点を当てて調査結果を解説する。新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止策として注目を集めるテレワークだが、組織制度として取り入れている割合はどの程度か。また、テレワーカーとの会議の実施方法は?

【キーマンズネット】()

従業員の生産性を阻み、時間を奪うと考えられがちな「会議」にまつわる不満はなかなか減らない。2019年の調査結果と比較して、会議にまつわる問題意識はどう変化したのだろうか。

【キーマンズネット】()

「この業務をこなすなら本当にぴったりはまる運命のツールではないのに、使ってしまう……」――予算の都合などでシステム化できない領域を支えてきたツールとしてのExcelの功績は大きい。だが「Excelロックイン」状態に苦慮してきた企業を中心に最近は状況が変化してきたようだ。

【キーマンズネット】()

好きではなくても仕事をする上では使わずにはいられないExcel。利用動向調査では「満足しているのに、不満」という不思議な現象も。大企業はデータ活用が進んでいる可能性も見られた。

【キーマンズネット】()

中小企業に対して1年間の猶予が設けられた残業時間の上限規制も、2020年4月から適用が開始される。働き方改革関連法が施行されてから1年がたとうとするが、企業の対応状況はどこまで進んでいるのだろうか。

【キーマンズネット】()

「働き方改革関連法」が施行されてそろそろ1年がたとうとするが、組織における勤怠時間の管理意識はどう変化したのか。2018年の調査結果と比較するかたちで、勤怠管理システムの利用実態を探った。

【キーマンズネット】()

不満の声も聞こえるSaaS利用企業の現場からは使い勝手などに不満の声も聞こえる。では実際のところ、現場に定着できているのだろうか。意外にも業務効率化とは無縁の回答者の存在も。既存SaaS活用の戦略も聞いた。

【キーマンズネット】()

いまや一般企業の業務の中で当たり前に使われるようになったSaaS。システム管理なしで簡単に始められ、社外からのアクセスも容易なため、働き方改革の視点からも人気だ。だが実際にはどのくらいの企業がどんな業務をSaaSで運用しているのだろうか。最新の調査では新たなサービスが存在感を強めていることが明らかになった。

【キーマンズネット】()

キーマンズネットは2019年11月に「営業部門の業務課題」に関するアンケートを実施した。2019年4月からは「働き方改革関連法案」も施行されたが、約1年で営業部門の働き方は変わったのか。

【キーマンズネット】()

キーマンズネットは2019年11月に「営業部門の業務課題」に関するアンケートを実施した。営業部門が今後導入を検討しているITツールの1位はRPAであることなどが明らかになった。

【キーマンズネット】()

従業員の資格取得を促進させるには、会社のバックアップ体制も重要だ。資格の取得支援というと「受験費用の負担」や「報奨金」などが挙がるが、従業員はお金や昇進以外にも求めるものがあるという。

【キーマンズネット】()

前編では、「現在保有している資格」「今後取得したい資格」「注目している資格」などを読者に尋ねた。2018年の結果と比較すると、資格の保有動向に変化があった。あえてIT関連以外の資格にも注目が集まるのはなぜか。読者調査からIT資格のトレンドを読み取った。

【キーマンズネット】()

企業におけるPCの利用状況調査を実施したところ、ノートPCの利用者が増加。働き方改革が進み、生産性が向上したかと思いきや、思いかげない新たな課題が浮き彫りになった。Windows Virtual DesktopなどのクラウドVDIの利用意向調査も。

【キーマンズネット】()

大半の企業がWindows 10に移行を完了。だが不満も増加傾向にあるようだ。1年前と比較して企業のWindow 10利用状況の実態はどう変わっただろうか。

【キーマンズネット】()

キーマンズネット会員を対象にアンケート調査を実施し、セキュリティ対策における社内体制や、導入しているセキュリティ製品など、企業の標的型攻撃への対策状況が明らかになった。

【キーマンズネット】()

キーマンズネットの読者を対象に標的型攻撃の対策状況を聞いた。前編では企業におけるセキュリティ被害の経験の有無や、その具体的な内容を明らかにしている。

【キーマンズネット】()

後編は、名刺管理アプリや勤務先で利用する名刺管理システムの便利な点、不便な点、また勤務先での名刺管理にまつわる課題について寄せられた現場の生の声を紹介したい。

【キーマンズネット】()

名刺管理にまつわる本音を探るために、勤務先での名刺管理状況と望む管理方法について尋ねた。名刺管理ツールを勤務先で導入してほしいかという問いでは、2018年の調査と結果が逆転し、勤務先に名刺管理ツールの導入を求める声が多く寄せられる結果となった。

【キーマンズネット】()

バックアップツールの満足度調査はいつも「満足」とする回答者が多い。だが満足の中身を見てみると、あまり使いこなしていないからこそ満足なのかもしれない。リプレース意欲を積極的に発信した回答者はどのくらいいただろうか。

【キーマンズネット】()

自然災害が多発する昨今、社会インフラの寸断など、業務の継続が難しくなる事態を想定した対策の必要性がますます高まっているが、対策「していない」とする企業の割合を見ると課題が山積していることがわかる。

【キーマンズネット】()

キーマンズネット会員を対象に、RPAの導入状況に関するアンケート調査を実施した。「RPAの導入効果」や「RPA導入時の障壁」が明らかになった。

【キーマンズネット】()

キーマンズネット会員を対象に、RPAの導入状況に関するアンケート調査を実施した。RPAの導入率や適用業務、ツール選定時に重視するポイントなどが明らかになった。

【キーマンズネット】()

前編で「AIに関心がある」とした層は回答者全体の約7割を占めることが分かった。しかし「現在活用しているか」と聞くと、まだ足踏み状態。「AIの活用を検討する」とした層の検討分野とは。そして、約3割が「AIを活用しない」と回答した理由とは。

【キーマンズネット】()

ヒトの仕事を奪うとまで言われ、業務効率化や自動化といった文脈で語られるAI(人工知能)。だが、現在のAIに対する評価はどのようなものか。アンケートを通じて読者に尋ねた。

【キーマンズネット】()

経費精算システムと聞いて「こんなものかな」と満足する人は6割以上。それなのに、アンケートでは「さては精算を断念させるつもりか」と思いたくなるような経費精算の仕組みへの不満が聞こえてきた。

【キーマンズネット】()

経費精算システムはどの程度使われているだろうか。調査では意外にも「手書き」を挙げる企業が一定数存在することが明らかになった。実態を探る。

【キーマンズネット】()

キーマンズネット会員303人を対象に社内情報共有ツールの利用状況を調査した。後編では、導入企業が感じる社内情報共有ツールの効果や不満を掘り下げた。導入することで、ツールが乱立して混乱を招く、という意見もあり……?

【キーマンズネット】()

キーマンズネット会員303人を対象に社内情報共有ツールの利用状況を調査した。2018年の同調査と比べて、Microsoft Teamsの利用率が上がるなどの変化が見られた。

【キーマンズネット】()

Office 365とG Suiteにはオフィスアプリケーション以外にもチャットツールやビデオ会議ツール、クラウドストレージなど数多くの機能を備える。だが、これらの機能はどこまで現場で使われているのか。多機能であることは、現場にとって“正義”なのか。実態を調査した。

【キーマンズネット】()

2018年に実施した「オフィススイートの利用状況」と今回の調査を比較すると、大きな変化が見られた。この1年でオフィスツールの勢力図はどう変わったのか?

【キーマンズネット】()

「ベテランが抜けたけれど若手は育たない。業務の平準化はしていない」そんな企業が増えつつあるようだ。人材枯渇の危機的状況が明らかになった。

【キーマンズネット】()

人材/人事管理に関するIT投資、積極的な企業はそう多くはない。だが人事関連部門ではHR Techやタレントマネジメントに対応できない自社の現状に危機感を募らせているようだ。

【キーマンズネット】()

企業で利用する帳票は「紙」なのか、「データ」なのか、それらをどのように管理しているのかをアンケートをもとに、明らかにした。さらに今まで経験した帳票にまつわる事件についても調査した。

【キーマンズネット】()

企業で利用する帳票は「紙」なのか、「データ」なのか、それらをどのように管理しているのか。アンケート調査で聞いた。さらに帳票を紙で管理する企業の課題も浮き彫りになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

導入率9割に迫る勢いのグループウェア。後編では、グループウェアに求める機能を聞いたところ、利用者の4人に1人が求めている機能があった。これからのグループウェアに求められるものとは。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

スケジューラーや掲示板、文書管理機能などを備え、毎日のように業務で利用するグループウェア。その導入率は9割に迫る勢いだ。今、多くの組織で利用されているグループウェアはどれか。読者に聞いた。

【キーマンズネット】()

キーマンズネットは2019年4月11〜25日にわたり「データの活用状況に関する意識調査」を実施した。中小企業のデータ活用動向や「情報銀行」の利用意向などが明らかになった。

【キーマンズネット】()

「データ経営」などという言葉がもてはやされるが、果たして一般企業では十分にデータを生かせる状況ができているだろうか。前年の調査結果と変化はあっただろうか。定点観測の結果を見る。

【キーマンズネット】()

Windows 10の大型アップデートなどでも活用されるIT資産管理ツールだが、企業は導入時にどのようなポイントを評価するのだろうか。また、あわせて「今までIT資産管理に関して何らかの事件があったかどうかを聞いたところ、「ヒヤリ」とするような回答が寄せられた。

【キーマンズネット】()

PC以外の管理端末が増えた今、IT資産管理ツールの需要が伸びている。導入率や導入形態、1ライセンス当たりの価格などを企業に聞いた。ここ数年で動きはあったのか。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

前編で「無線LANを導入していない」とした層の導入しない理由に「セキュリティ」が挙がった。では、現在、無線LANを導入する企業はどういったセキュリティ対策を実施しているのか。対策実態を探った。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

今となっては当たり前のように使われる無線LAN。最近は、次世代無線LAN規格と言われ最大転送速度9.6Gbpsを実現する「802.11ax」に注目が集まる。その中で企業が利用する無線LAN規格は2018年とどう変わったのか。

【キーマンズネット】()
IT担当者300 人に聞きました:

働き方改革関連法対策、皆はどう感じているのか。自由回答で出てきたのは、業務効率化や制度改革なしの残業規制への不安を訴える意見や、対策に未着手の中小企業の困惑の声だ。

【キーマンズネット】()

働き方改革関連法が施行された。時間外労働の上限規制など、とりわけ従業員の管理については今まで以上にシビアな管理が求められるようになるが、会員読者の認知度や対策度合いはどのようだろうか。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

導入が進む業務用タブレットだが、社外でも安全に利用するためのセキュリティ対策と利便性のバランスに悩むケースも多い。企業ではどのような対策を講じているのか。また、実際にトラブルは発生しているのか。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

社外業務やペーパーレス化に寄与する業務用タブレット。スマートフォンの導入よりも優先度が低い印象があるが、意外にも多くの企業が導入を進めている。その割合や効果は?

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

ファイルサーバと同等の機能を備えるクラウドストレージ。最近は、企業での利用も目立ってきたが、クラウドストレージは企業にとって第二のファイルサーバとなり得るのだろうか。読者の意見を聞いた。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

今やほとんどの企業で利用されているファイルサーバ。組織の業務でも欠かせない存在となりつつあるが、利用者の35.6%が勤務先でのファイルサーバ運用に不満を感じているようだ。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

導入企業は「おおむね満足」が多数なのに未導入企業が多い理由は? BIツール未導入企業が抱える三重苦が見えてきた。

【キーマンズネット】()

様々な経営指標を一意に可視化できるBIツール。定例の業務進捗報告などの無駄を解消するツールとして注目を集めたこともあるが、普及の状況はどうなっているだろう。調査ではいっこうに業務が楽にならない現場リーダーの苦悩が垣間見られる状況が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネットが行った読者調査によると、今後、ワークフローツールを導入する企業は減少傾向にあることが明らかになった。その理由は?

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

利用企業は一定数あるものの、不満も多いワークフローツール。心を無にして「入力マシン」に――業務ごとに乱立した結果、何度も同じデータを入力するムダに耐える現場の声も聞こえてきた。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

ビデオ会議システムやリアルタイムコミュニケーションツールの登場により、場所を問わず会議が実施できるようになった今、もはや旧来の会議体は古いものになりつつある。だが、まだ対面型の会議を必要とする企業が一定数存在する。そのワケとは。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

企業は「業務の効率化」や「生産性の向上」を重視するが、無駄な会議ほどそれらを阻むものはない。そこで、読者アンケートを基に、会議の実施状況と問題点、各企業が課題解決に向けて実施する取り組みを説明する。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

ERPの導入状況を定点観測。今回のアンケートでは、企業情報システムが直面する深刻な問題がいよいよ表面化しつつある兆候が見えてきた。皆が恐れていた事態が現実になりつつあるようだ。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

主要パッケージ製品やバックエンドのサーバ製品の保守サポート終了やクラウドサービスの隆盛など、ERPを取り巻く環境は節目を迎えつつある。加えて工数やコストを抑えて導入できるクラウドERPの選択肢も増えてきた。約1年前の調査と比較して変化はあっただろうか。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

勤怠管理において大きな影響となるのが、2019年4月から始まる「残業時間の上限規制」だ。開始まで間もないが、企業ではどのような対策を考えているのか。後編では、他社の取り組みを紹介したい。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

308人を対象に勤怠管理システムの導入状況を聞いた。勤怠管理システムの導入状況と勤怠管理システムに関する不満などを聞いたところ、現場から怒りの声が寄せられた。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

Windows 10への移行が本格化する中、先行する利用者からは、業務アプリケーション側の対応方法や利用時の問題点の指摘があがった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

この1年で増加したのは「脱Windows」勢か、Windows 10ユーザーか。乗り換えと同時に導入したツールは何か。Windows 7のサポート終了まであと1年少々のいま、企業で利用するPC端末の変化を調査した。

【キーマンズネット】()
IT担当社300人に聞きました:

キーマンズネットは2018年10月、「営業部門の業務課題」に関するアンケートを実施した。生産性向上の鍵となる営業部門の効率化はどこまで進んでいるか、障壁は何かを調査した。

【キーマンズネット】()

キーマンズネットは2018年10月に「営業部門の業務課題」に関するアンケートを実施した。それによると、現在営業部門が抱える課題は営業部門の「中」ではない領域にあることが明らかになった。今後のITツール導入意向と併せて見ていく。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

後編では、読者332人を対象に、「取得目的」「取得にかかる期間」「勉強方法」と現在注目する資格を尋ねた。資格を取得するのは「業務のため」か「自己メリットのため」か。また、今注目を集める資格とは何か。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

今回の調査では、読者332人を対象にIT関連資格の取得有無や勤め先の資格支援制度などを聞いた。併せて、現在保有する資格やこれから取得したい資格についても尋ねたところ、人気が高いのはあの資格だった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

最近は災害の発生も多い中、「BCP対策をしていない」と回答する企業もある。BCP対策を阻むものとは。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

多くの回答者が自然災害リスクへの対応を実施。しかし、実際に経験した障害はまったく別のものだった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員201人を対象にアンケート調査を実施した。ID管理システムの導入形態や連携するシステムなどID管理システムの利用状況が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員201人を対象にアンケート調査を実施したところ、業務で利用するIDの数やID管理システムの導入状況、導入目的などが明らかになった。

【キーマンズネット】()

キーマンズネット会員230人を対象にアンケート調査を実施した。導入を想定する時期や期待する機能などRPAの利用実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()

キーマンズネット会員230人を対象にアンケート調査を実施した。認知度や導入企業における満足度などRPAの利用実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員363人を対象にアンケート調査を実施した。名刺管理ツールの利用状況や名刺管理における課題点など名刺管理ツールの利用実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員295人を対象にアンケート調査を実施した。社員の名刺管理方法や名刺を個人管理する理由など名刺管理ツールの利用実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員144人を対象にアンケート調査を実施した。移行計画の有無や移行先のインフラ基盤など、Windows Server 2008のサポート終了に伴う企業の対策状況が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員144人を対象にアンケート調査を実施したところ、Windows Serverの利用状況やサポート時期の認識の有無などが明らかになった。

【キーマンズネット】()

キーマンズネット会員295人を対象にアンケート調査を実施した。社内コミュニケーションツールの導入目的、効果や不満が明らかになった。

【キーマンズネット】()

キーマンズネット会員295人を対象にアンケート調査を実施した。利用状況や導入範囲など社内コミュニケーションツールの利用実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員209人を対象にアンケート調査を実施した。IoTプラットフォームの利用率や課題など、企業におけるIoTへの取り組み状況が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員209人を対象にアンケート調査を実施した。IoTの認知度や活用用途など企業のIoTに関する取り組み状況が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員306人を対象にアンケート調査を実施した。満足度や求める機能などオフィススイートの利用実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員306人を対象にアンケート調査を実施した。利用するオフィスツールや使用頻度の高いツールなど、オフィススイートの利用実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員186人を対象にアンケート調査を実施した。人事・労務部門の課題や人事管理システムで重視するポイントなどが明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員186人を対象にアンケート調査を実施した。導入形態や満足度など人事管理システムの利用実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員169人を対象にアンケート調査を実施した。投資を求める業務分野やIT予算の投資先など2018年度のIT予算の活用傾向が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員169人を対象にアンケート調査を実施した。2017年度と比較したIT予算の増減やユーザー部門独自のIT予算の有無など2018年度のIT予算の活用傾向が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員197人を対象にアンケート調査を実施した。社内セキュリティ体制や導入するセキュリティ製品など企業の標的型攻撃への対策状況が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員197人を対象にアンケート調査を実施した。実際に標的型攻撃を受けた経験の有無や被害内容などに関する質問を展開した。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員206人を対象にアンケート調査を実施した。導入時に重視するポイントやトラブルの有無など無線LANの利用実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員206人を対象にアンケート調査を実施した。導入率や接続するクライアント端末など無線LANの利用実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員252人を対象にアンケート調査を実施した。ワークスタイル変革に当たり策定する組織ルールの有無やITツールの導入状況など企業のワークスタイル変革に対する取り組み状況が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員252人を対象にアンケート調査を実施した。ワークスタイルの推進状況やその目的など企業のワークスタイル変革に対する取り組み状況が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員239人を対象にアンケート調査を実施した。基幹系システムを利用しない理由や今後期待する機能など基幹系システムが抱える問題点が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員239人を対象にアンケート調査を実施した。利用状況や満足度など基幹システムの利用実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員300人を対象にアンケート調査を実施した。データ化のルールやペーパーレスの進展など帳票の利用実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員300人を対象にアンケート調査を実施した。種類や形式、紙で保管する理由など帳票の利用実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員141人を対象にアンケート調査を実施した。業務で発生したトラブルや災害対策状況など、企業における「BCP」「DR」の対策状況が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員141人を対象にアンケート調査を実施した。導入時に重視するポイントや満足度などバックアップツールの導入実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員311人を対象にアンケート調査を実施した。導入率や導入のきっかけ、満足度などグループウェアの利用実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員311人を対象にアンケート調査を実施した。導入率や導入のきっかけ、満足度などグループウェアの利用実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員対象にアンケート調査を実施した(有効回答数155)。現在利用するファイルサーバのリプレース予定やファイルサーバの代わりに利用するツールなどファイルサーバの利用実態について調査した。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員対象にアンケート調査を実施した(有効回答数155)。利用率や満足度などファイルサーバーの利用実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員313人を対象にアンケート調査を実施した。満足度や他のツールへのリプレース意向などExcelの利用実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員313人を対象にアンケート調査を実施した。導入しているバージョンや活用方法などExcelの利用実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員293人にアンケート調査を実施した。活用中または今後活用したいデータの種類やデータ活用支援ツールの導入状況など実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員293人にアンケート調査を実施した。データを利活用できていない理由や課題など実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員325人にアンケート調査を実施した。IT関連資格の保有率や保有目的など実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員325人にアンケート調査を実施した。IT関連資格の保有率や保有目的など実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員174人にアンケート調査を実施した。ERPの導入形態や今後期待する機能など実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員174人にアンケート調査を実施した。ERPの導入状況や満足度など実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員195人にアンケート調査を実施した。営業部門のワークスタイル変革への取り組み状況など実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員195人にアンケート調査を実施した。営業力を強化する上で抱える課題や営業部門独自のIT予算の有無など実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員329人にアンケート調査を実施した。IoT活用における課題やIoTプラットフォームサービスの認知度など実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員329人にアンケート調査を実施した。IoTの認知度や活用用途など実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員449人人にアンケート調査を実施した。業務PCのWindows 10移行プランや代替案など実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員449人人にアンケート調査を実施した。業務で利用するPC端末のOSや買い替え頻度など実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員607人にアンケート調査を実施した。会議を最適化するためのITツールの導入状況や遠隔会議の可能性などなど実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員607人にアンケート調査を実施した。社内会議の出席数や平均時間、会議に対する課題感など実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員222人にアンケート調査を実施した。ネットワーク管理上の課題やSD-WANの認知度など実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員222人にアンケート調査を実施した。職場における通信環境の問題の有無やWAN高速化ツールの導入状況など実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員330人にアンケート調査を実施した。利用中のIaaSのサービス名やSaaS導入を推進する部署など実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員330人にアンケート調査を実施した。クラウドサービスに魅力を感じる点、懸念や不安を感じる点など実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員327人を対象にアンケート調査を実施した。文書管理ツールの満足度やツールを導入しない理由など実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員327人を対象にアンケート調査を実施した。文書管理ツールの導入状況や管理する文書の種類など実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員353人を対象にアンケート調査を実施した。UTMの導入率や導入目的など実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員353人を対象にアンケート調査を実施した。標的型攻撃やネットワークセキュリティの対策状況など実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員269人を対象にアンケート調査を実施した。人事管理システムの導入形態や満足度など実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員269人を対象にアンケート調査を実施した。国内外拠点の有無や人事・労務部門の課題など実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員430人を対象にアンケート調査を実施した。勤怠管理システムの導入状況や満足度など実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員430人を対象にアンケート調査を実施した。自社の働き方と勤怠管理の連動性など働き方変革に乗り出す企業の実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員410人を対象にアンケート調査を実施した。私用アカウントで業務利用するシャドーITの実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員410人を対象にアンケート調査を実施した。Webサイト閲覧ポリシーの有無やWebサイト閲覧によるトラブル状況など実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員374人を対象にアンケート調査を実施した。ワークフローツールの導入目的や連携システムの有無など実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員374人を対象にアンケート調査を実施した。ワークフローの運用状況や利用ツールなど実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員292人を対象にアンケート調査を実施した。ユーザー部門が持つIT予算の増加率などの実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員292人を対象にアンケート調査を実施した。2016年度から2017年度にかけ企業のIT投資の実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員426人を対象にアンケート調査を実施した。働き方改革に関連した組織のルール作りや導入したIT製品などの実態が明らかになった。

【ITmedia】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員426人を対象にアンケート調査を実施した。働き方改革の進み具合や目的などの実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員312人を対象にアンケート調査を実施した。セキュリティ対策の社内体制や導入したいせきゅりてい対策製品などの実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員312人を対象にアンケート調査を実施した。標的型攻撃の有無、サイバー攻撃を発見したときの状況など実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員401人にアンケート調査を実施した。バックアップツールの導入目的や稼働状況、リストア経験の有無などが明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員401人にアンケート調査を実施した。BCP(事業継続計画)の対応状況やバックアップツールの導入状況などが明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員381人を対象にアンケート調査を実施した。ファイルサーバに対する課題や不満点など利用実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員381人を対象にアンケート調査を実施した。ファイルサーバの利用率や満足度など利用実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員381人を対象にアンケート調査を実施した。社内に紙が残る理由、運用ルールに残る「紙」文化の名残りなど帳票の利用実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員381人を対象にアンケート調査を実施した。紙の帳票の利用率やデータ化意向など、企業内の帳票利用実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員359人を対象にアンケート調査を実施した。経費精算システムの導入率などが明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員359人を対象にアンケート調査を実施した。1カ月当たりの経費精算額や経費申請の方法など経費精算システムの利用実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員340人を対象にアンケート調査を実施した。セルフサービスBIの利用意向などが明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員340人を対象にアンケート調査を実施した。データを使う立場にある人たちの半数以上が必要なときに必要なデータにアクセスできていないことが明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員297人を対象にアンケート調査を実施した。IT資産管理ツールを導入しない理由などが明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員297人を対象にアンケート調査を実施した。利用中のPCのOSのバージョンなどが明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員564人を対象にアンケート調査を実施した。Officeソフトの「何」をメインで使っているか、今後どのような機能がほしいかが明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員564人を対象にアンケート調査を実施した。「柔軟な働き方のための道具は欲しいけれど、できれば使わずに済ませたい」という読者のホンネが明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員271人を対象にアンケート調査を実施した。統合運用管理ツール導入時に重視したポイントが明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員271人を対象にアンケート調査を実施した。統合運用管理ツールにまつわる悩みや課題が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員374人を対象にアンケート調査を実施した。デスクトップ仮想化を導入した企業が抱える課題が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員374人を対象にアンケート調査を実施した。デスクトップ仮想化の導入状況は、2年前とどう変わったのか。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員299人にアンケート調査を実施した。遠隔会議システムの使用頻度や導入時の重視ポイントなどが明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員299人を対象にアンケート調査を実施した。ユニファイドコミュニケーションの利用目的や満足度などが明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員321人を対象にアンケート調査を実施した。セキュリティ対策予算は企業規模によって「格差」があることが明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員321人を対象にアンケート調査を実施した。情報セキュリティ対策の運用実態や実施中のセキュリティ対策が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員444人を対象にアンケート調査を実施した。Excel利用に課題を感じていた企業はどのような解決策を模索したのか。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員444人を対象にアンケート調査を実施した。業務に欠かせないExcelの利用実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員456人を対象にIaaS、PaaS、SaaSに関するアンケート調査を実施した。導入率や導入後の課題などの実態が明らかになった。製品別の認知度などが明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員456人を対象にIaaS、PaaS、SaaSに関するアンケート調査を実施した。導入率や導入後の課題などの実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員568人を対象にビジネスでのモバイル活用と管理状況について調査を実施した。モバイル管理ツールの認知度や導入状況が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員568人を対象にビジネスでのモバイル活用と管理状況について調査を実施した。法人におけるスマートデバイスの導入状況が明らかになった。

【キーマンズネット】()

キーマンズネット会員335人を対象にアンケート調査を実施した。SFAの選定や導入の主導権を持つ部門はどこだ?

【キーマンズネット】()

キーマンズネット会員335人を対象にアンケート調査を実施した。SFAの導入に当たり、営業部門が抱えている課題やシステムの導入形態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員368人を対象にアンケート調査を実施した。サプライチェーン管理(SCM)ツール導入後に分かった課題とは?

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員368人を対象にアンケート調査を実施した。サプライチェーン管理(SCM)ツールの利用状況が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員308人を対象にアンケート調査を実施した。オンラインストレージの導入状況が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員308人を対象にアンケート調査を実施した。社内SNSとビジネスチャットの導入状況が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員308人を対象に「メールにおけるコミュニケーションの課題」についてアンケート調査を実施した。課題の有無や、その解決のために導入したツールが明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員373人を対象にメール誤送信防止システムの導入状況を調査した。後編では「導入状況」「重視ポイント」「満足度」などが明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員373人を対象にメール誤送信防止システムの導入状況を調査した。前編では「情報漏えい状況」「メール誤送信状況」などが明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員358人を対象に無線LANの導入状況を調査した。「無線LANの規格」「無線LANでのセキュリティ対策」などが明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員358人を対象に無線LANの導入状況を調査した。「無線LANを導入した目的」「導入した際に重視したポイント」などが明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員459人を対象にアンケートを実施した。「営業部門の『ワークスタイル変革』への取り組み状況」などが明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員459を対象に調査した。「営業部門が営業力を強化する上で抱える課題」や「営業部門が今後実施する予定の対策」などが明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

情報システム部門が抱える情報共有とナレッジマネジメントの課題を調査した。「問題点」「解決したい内容」など共有状況が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

情報システム部門が抱える情報共有とナレッジマネジメントの課題を調査した。「導入ツール」「期待感」など共有状況が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

マーケティング支援ツールの導入状況を調査した。「アクセス解析ツール」「マーケティングオートメーション」の実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

営業力やマーケティング力を向上するためのマーケティング支援ツールの導入状況を調査した。「CRM」の導入状況が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

308人を対象に情シス関連の資格状況を調査した。資格未保有者に対し、必要性や持たない理由、そして資格支援制度を尋ねた。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

308人を対象に情報システム関連の資格状況を調査した。保有する資格や、保有目的などの実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員1083人を対象に企業のIT投資状況を調査した。ユーザー部門が独自に持つIT予算はどのくらいか。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員1083人を対象に、企業におけるIT投資状況を調査した。IT部門に対し、2016年度のIT投資状況を聞いた。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

300人を対象に「ストレージ利用状況」を調査。後編は利用環境や満足度、そして話題のフラッシュストレージ活用状況が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

300人を対象に「ストレージの利用状況」を調査。前編では「重視するポイント」や「利用用途」などが明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

322人を対象に「ログの管理状況」を調査。後編では「ログの取得、管理方法」や「ログ取得後の問題点」「問題発見の有無とその内容」などが明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

322人を対象に「ログの管理状況」を調査。前編では「ログの取得、管理状況」や「ログの管理対象機器」などが明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

IT担当者243人を対象にデータ分析ツールの導入状況について調査を実施。分析のための活用データや活用ツールの実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

IT担当者371人を対象にプロジェクト管理ツールについて調査を実施した。導入状況や導入しない理由などの実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

365人を対象に企業におけるWebサイトの閲覧規制状況を調査した。Web閲覧がセクハラにつながったなどの調査結果が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

347人を対象に導入状況を調査した。ツールによって導入率が極端に異なる中、大企業、中小企業の抱えている問題が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

315人を対象に「クラウドサービスの利用状況」を調査した。最も利用されるサービスや導入推進する部署などの実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

企業におけるクライアント端末に関する導入実態調査を実施した。リリースされたばかりのWindows 10の導入意向についても尋ねた。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

332人にUTM(統合脅威管理)の導入状況を調査した。この1年で標的型攻撃への対策を重視する声が大幅増加という結果が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

労働安全衛生法の改正により、従業員数50人以上の事業所では年1回以上、従業員に対するストレスチェックの実施が義務化された。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

IT担当者346人にUPSの導入状況を調査した。導入率は72.6%と高いが、必要性を感じない企業が増加傾向にある。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

461人を対象に「無線LANの導入状況」に関する調査を実施した。セキュリティを重視するも実際には不十分な企業が多いことが明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

320人を対象に「セキュリティ対策と外部委託」に関する調査を実施。セキュリティ担当者が不足している状況などが明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

オンラインストレージ利用調査を実施した。利用率は約3割、中小企業の約2割が「指定なし」のサービス利用といった実情が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

情報セキュリティに関する調査を実施した。この1年に発生した情報セキュリティ事故などセキュリティ対策のリアルな状況が明らかになった。

【キーマンズネット】()

サービスデスクツールの導入実態を調査した。導入率はわずか16%で、大企業と中小企業では5倍以上の開きがあることが分かった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

統合ログ管理ツールの導入状況を調査。差の開いた大企業と中小企業の導入率、変化するログの収集対象などの実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

勤怠管理システムの導入実態を調査した。大企業と中小企業では導入率に3倍以上の開きがあるなどの様子が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

IT担当者331人を対象に「ADC」の導入状況について調査を実施。「必要性を感じない」と7割が回答した調査結果が明らかに。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

ITによる情報共有の取り組み状況を調査した。どのようなツールを使い、現状にどのような不満を抱いているのか。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

IT担当者341人を対象にデータセンターの利用状況の調査を実施。利用率は2年前と比べ約10ポイント増加するなど、現状が明らかに。

【キーマンズネット】()

IT担当者376人を対象に、企業向けノートPC&モバイルPCについて調査を実施。PCタイプ、リプレースのきっかけなどの実態が明らかに。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

IT担当者325人を対象にプロジェクト管理ツールについて調査を実施。導入状況、きっかけ、導入しない理由などの実態が明らかに。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

IT担当者332人を対象に遠隔会議システムについて調査を実施。導入状況、きっかけ、導入しない理由など気になる実態が明らかに。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

統合運用管理ツールの導入率は全体で25.8%。今後導入を検討する企業では、セキュリティ強化も併せてもくろむ声が多数聞かれた。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

バックアップツールの実態調査を実施した。導入率は全体で59.7%と高いが、中小企業での導入率は35.1%に留り、導入しない理由の1位は「メリットが明確でない」だった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

多岐にわたるネットワークセキュリティ機能を1台に集約したUTM。キーマンズネット会員を対象にUTMの実態調査を行った。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

IT担当者318人にID管理ツールの実態調査を実施した。ユーザー、管理者それぞれの視点での満足度や不満点は、導入しない理由などが明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

IT担当者342人にメール誤送信防止システムの実態調査を実施した。導入状況、導入きっかけ、重視ポイント、満足度、導入しない理由などが明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

「Windows Server 2003サポート終了に伴う対策状況」を1472人に聞きた。Windows XPのリプレース時より経営層の関心が薄いという声が挙がった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

企業におけるタブレット利用についてアンケートを実施した。導入率は2012年の2.5倍、大手企業に至っては3.4倍にまで拡大した。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

IT担当者349人にデスクトップ仮想化の実態調査を実施した。導入状況、導入目的、重視ポイント、満足度、導入しない理由などが明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

IT担当者353人にオンラインストレージの実態調査を実施した。利用状況、利用用途、満足度、重視ポイント、導入しない理由などが明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

IT担当者359人にメールセキュリティの実態調査を実施した。「電子メールの利用状況」「関連するトラブル」「セキュリティ対策」などが明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

IT担当者439人にスマートフォンの実態調査を実施した。導入状況、BYODの認可状況、セキュリティ対策状況、満足度、導入しない理由などが明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

グループウェアの導入状況について調査を実施した。「満足度」「重要だと思う機能」などから企業の導入実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

「IaaS/PaaSの導入状況」について調査を実施。「導入状況」「導入目的」「導入しない理由」など他社の気になる実態が明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

ツールの導入状況や導入目的、満足度など、323人を対象にアンケート調査を実施した。ワークフローツールの利用率は、中小企業と大企業の間に大きな乖離(かいり)がある。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

DLPの導入状況について調査を実施。「導入状況」「導入きっかけ」「導入しない理由」など、他社の気になる実態が明らかに。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

347人対象に勤怠管理システムの導入状況や導入方式、勤怠管理での苦労などを調査。ASP、SaaS型の導入は3年前から1.7倍も増加した。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

IT担当者370人に聞いた、UPSの導入状況、必要機能、課題や悩みは? 「バッテリー寿命が短い」など不満の声も寄せられた。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

306人を対象に「企業におけるログの管理状況(2013年)」を調査。ログの取得頻度は64.1%が「不定期」である現状などが明らかになった。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

IT担当者312人に聞いた、導入状況、導入目的、導入しない理由は? 「バックアップが不安」といった不満の声もあり、実態が明らかに。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

テープバックアップ運用に関する疑問。テープを選んだ「目的」「満足度」「磁気テープのメリット」など気になる項目を調査した。

【キーマンズネット】()
IT担当者300人に聞きました:

現在利用中の「端末」「OS」「オフィススイート」は? 今後1年以内でクライアント端末の導入予定者が検討している端末タイプは?

【キーマンズネット】()
会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。